メニューをスキップしてタイトルへ



佐渡市環境フェア2019を開催します

2019年11月10日、トキのむら元気館で

2019年10月10日、掲載

環境対策課 環境エネルギー係(0259-63-3113)

環境保全などに取り組む団体の活動をご紹介し、次代を担う子どもたちへ美しい佐渡の環境を引き継ぐため、「佐渡市環境フェア2019」を開催します。

楽しみながら環境を考える展示を多数用意していますので、ぜひお誘いあわせのうえお越しください。

概要

日時
2019年11月10日(日曜日)、10時〜14時
会場
トキのむら元気館
入場
無料
主催
美しい島佐渡・エコアイランド推進協議会、佐渡市
ご参考
宣伝チラシ「佐渡市環境フェア2019」(PDF・約350キロバイト)

内容

10時〜オープニング(瓜生屋 子供鬼太鼓)
10時25分〜佐渡環境賞表彰式・受賞者活動発表
11時30分〜12時30分講演会「海の肥料と山の清流を使用した安全な米づくり」
13時〜抽選会(各展示ブースの「えこクイズ」に答えてスタンプを集めると景品をプレゼント)
10時〜14時パネル展示(環境保全団体などに取り組む団体の紹介など)

講演会

テーマ
海の肥料と山の清流を使用した安全な米づくり
講師
本間 太郎 氏

講演会終了後、本間さんの作ったお米を試食できます(おにぎり)。また、エビ汁も無料配布します(限定200食)。ごみ削減のため、マイ箸をお持ちください。

講師紹介

佐渡の最北端の鷲崎地区で、地元でとれる魚や漁網に付着したワレカラ(小さい甲殻類)を肥料に安全な米づくりに取り組んでいます。
40年前、入院したことをきっかけに安全でおいしいお米を作ろうと決意。
安全な米とはどういうものか。どのように作ればよいのか。試行錯誤した結果、地域にあるものを活かし、「稲本来の生命力を最大に発揮できるような生育環境づくり」が大切だということに行きつきました。
現在、志を共にする数名のメンバーで「海利用研究会」を立ち上げ、鷲崎地区でこだわりのお米を作っています。

注釈
  • 本間さんたち仲間が作るお米は、「米・食味分析鑑定コンクール・国際大会」で金賞や特別優秀賞、「すし米コンテスト・国際大会」で特別賞を受賞するなど、国際コンクールで高く評価されています。

ブース出展団体(予定)

  1. 環境省佐渡自然保護官事務所
  2. 新潟大学佐渡自然共生科学センター
  3. 新潟県佐渡地域振興局健康福祉環境部
  4. 佐渡農業協同組合
  5. 相川岩百合
  6. NPO法人トキどき応援団
  7. 一般社団法人 佐渡生きもの語り研究所
  8. 佐渡市消費者協会
  9. 佐渡在来生物を守る会
  10. 佐渡トレッキング協議会
  11. 佐渡島木質バイオマスフォーラム
  12. 内藤電誠工業(株)デバイスカンパニー佐渡工場
  13. 新潟県地中熱利用研究会
  14. おひさまにこにこぷろじぇくと
  15. トキの水辺づくり協議会
  16. 佐渡ジオパーク推進協議会
  17. 佐渡市農業政策課
  18. 佐渡市環境対策課

関連ページ

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ