メニューをスキップしてタイトルへ



新潟工科大学が、風災害への防災セミナー「風災害への対策と備え」を開催します

2020年3月4日、新穂行政サービスセンターで。参加費無料、要申込(先着順)

2020年2月10日、掲載

企画課 政策推進係(0259-63-3802)

新潟工科大学 風・流体工学研究センターが、風災害への防災セミナー「風災害への対策と備え:建物や農作物への被害を中心として」を開催します。

2018年9月の台風21号では、関西地区で記録的な暴風・高潮による甚大な浸水被害が発生しました。また2019年9月の台風15号では、千葉県を中心に家屋損壊などの甚大な広域被害が発生しました。今後も地球温暖化による気候変動にともなって、さらなる台風の増加・強大化、風災害激甚化の可能性が指摘されています。

佐渡地域では、冬季に日常的に風が強いばかりではなく、台風や強い低気圧による強風被害が毎年のように発生しており、今後は風災害への備えと対策がよりいっそう必要になると考えられます。特に主要産業のひとつである農業に関して、効果的かつ持続的な対策が必要です。

本セミナーでは、新潟工科大学が設置した高密度気象観測・情報提供サービスPOTEKAの研究成果と、農作物や建物の風災害への対策と備えについて、説明します。

内容に興味のある方はであれば、どなたでも参加できます。参加費は無料ですので、お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

概要

日時
2020年3月4日(水曜日)、10時〜11時30分(受付:9時45分〜)
会場
新穂行政サービスセンター 2階
内容
  • 新潟工科大学 風・流体工学研究センターの紹介
  • 気象データからわかる佐渡の風:学生の調査活動から
  • 風害の実態と防風対策について
対象
内容に興味のある方(先着30名)
参加費
無料

参加申込方法

2020年2月25日(火曜日)の17時までに、「氏名」「住所」「電話番号」を、電話・ファックスまたはメールフォームでお申し込みください。先着順ですので、お早めにどうぞ。

申込・問合先:市役所 企画課 政策推進係

注釈

関連ページ

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ