メニューをスキップしてタイトルへ



新潟大学がシンポジウム「日本酒の歴史と佐渡」を開催します

2020年12月13日、あいぽーと佐渡で。参加費無料、要申込(先着順)

2020年11月20日、掲載

教育委員会 社会教育課 佐渡学センター 文化学芸係(0259-52-2447)

新潟大学と教育委員会が連携し、シンポジウムを開催します。

テーマは「日本酒の歴史と佐渡」。日本近世史が専門である、新潟大学 人文学部の原教授による講演です。

参加費は無料ですので、お誘いあわせのうえぜひお越しください。

シンポジウム「日本酒の歴史と佐渡」

講演は、音声と映像を会場にオンライン中継して行います。

日時
2020年12月13日(日曜日)、午後1時30分〜
会場
あいぽーと佐渡 多目的ホール
講師
新潟大学 人文学部 教授、原 直史(はら なおふみ)
参加費
無料
定員
80名(先着順・要申込)
主催
新潟大学 人文学部
共催
佐渡市 教育委員会
ご参考
ポスター「日本酒の歴史と佐渡」(JPG・約280キロバイト)

参加申込方法

参加希望者の「氏名」「電話番号」「住所」を、佐渡博物館へお電話でお伝えください。(電話:0259-52-2447)

先着順ですので、お早めにどうぞ。

このページの先頭へ

「今月の新着情報」へ