メニューをスキップしてタイトルへ



予防接種

2016年7月21日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2016年7月21日、「B型肝炎」を追加しました。(2016年10月1日から開始)
  • 2015年10月2日、インフルエンザワクチンの助成金額を変更しました。
  • 2015年5月11日、「三種混合」を削除しました。
  • 2015年4月6日、今年度の情報を掲載しました。
  • 2014年10月10日、水痘を掲載し、また、インフルエンザワクチンの助成金額を変更しました。

法定の予防接種(無料)

「対象年齢」のお子様は、無料で接種を受けることができます。

日時・会場など、詳しくは個別に郵送でご案内します。

種類回数など対象年齢おすすめ時期接種場所
BCG1回1歳未満1か月医療機関
四種混合
(第1期初回)
3〜8週の間隔で、計3回3〜90か月3〜12か月医療機関
四種混合
(第1期追加)
第1期初回終了から6か月以上の間隔で、1回90か月未満第1期初回終了から12〜18か月後医療機関
二種混合1回11歳〜13歳未満小学6年生各地域
麻しん・風しん
(第1期)
1回1歳1歳を過ぎたら早めに医療機関
麻しん・風しん
(第2期)
1回就学前の1年間6歳(就学前)医療機関
水痘3か月以上の間隔で、2回1歳〜3歳未満1歳を過ぎたら早めに医療機関
日本脳炎
(第1期 初回)
1週以上の間隔で、2回6か月〜90か月3歳医療機関
日本脳炎
(第1期 追加)
第1期初回終了から6か月以上の間隔で、1回6か月〜90か月4歳医療機関
日本脳炎
(第2期)
1回9歳〜13歳未満、または、18歳〜20歳未満9歳または18歳医療機関
ヒブ初回3回、追加1回(初回は27日以上の間隔。追加は初回終了から7か月以上後)2〜6か月で接種開始初回接種は2〜7か月未満
追加接種は初回接種終了から7〜13か月後
医療機関
初回2回、追加1回(初回は27日以上の間隔。追加は初回終了から7か月以上後)7〜11か月で接種開始
1回1〜5歳未満
小児用肺炎球菌初回3回、追加1回(初回は27日以上の間隔。追加は初回終了から2か月以上後で1歳以降)2〜6か月で接種開始初回接種は2〜7か月未満
追加接種は1歳〜1歳3か月
医療機関
初回2回、追加1回(初回は27日以上の間隔。追加は初回終了から2か月以上後かつ1歳以降)7〜11か月で接種開始
2回1歳で接種開始
1回2〜5歳
子宮頸がん下記のいずれか1種を接種
サーバリックス(初回の1か月以上後に2回目、初回の5か月以上後かつ2回目の2か月半以上後に3回目)
ガーダシル(初回の1か月以上後に2回目、2回目の3か月以上後に3回目)
小学6年生〜16歳中学1年生医療機関
B型肝炎27日以上の間隔で、2回。1回目から139日以上の間隔を空けて1回2か月〜1歳未満2か月〜8か月医療機関
注釈
  • BCGは、出生届の際に予診票を交付します。(その他の予防接種のご案内は郵送します)
  • 二種混合とは、ジフテリア・破傷風を指します。
  • 四種混合とは、ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオを指します。
  • 接種場所が「医療機関」とあるものは、病院で実施します。
  • 接種場所が「各地域」とあるものは、各地域の会場で実施します。会場名などは別途郵送でお知らせします。
  • 子宮頸がん予防ワクチンは、積極的にはおすすめしていません。
  • B型肝炎の接種は2016年10月1日から開始します。(2016年4月1日以降に生まれたお子様が対象)

法定外の予防接種(助成対象になるもの)

インフルエンザワクチン

助成内容など

対象者

佐渡市に住民票がある中学生以下のお子様。

  • 1回目の接種時の年齢が13歳未満の方:2回の接種
  • 13歳以上の方:1回の接種
助成金額
  • 1回目:接種費用の半額(助成上限額まで)
  • 2回目:接種費用の全額(助成上限額まで)
接種方法

医療機関へご予約のうえ、下記をお持ちください。(予約不要の医療機関もあります)

  • 「予診票」・「接種費用補助金交付申請書兼受領委任払承認申請書」
  • 自己負担金(接種費用から助成金額を差し引いた額)
接種期間
10月1日〜1月31日(期間外の接種は、助成対象となりません)
注釈
  • 1回目と2回目の接種が同一医療機関でない場合、2回目の接種費用も自己負担額が必要となりますのでご注意ください。
  • 接種できる医療機関については、季節性インフルエンザ予防接種のご案内をご覧ください。
  • 予防効果を最大に発揮するために、できるだけ12月中旬までに接種してください。シーズン終盤はワクチンがなくなって接種できないこともありますので、お早めにどうぞ。

「予診票」・「接種費用補助金交付申請書兼受領委任払承認申請書」の入手方法

最寄りの市役所窓口で申請してください。即日発行します。(申請の際に必要な書類はありません)

申請期間
平成29年度は、2017年10月2日(月曜日)〜2018年1月31日(水曜日)(土日祝日と年末年始を除く)
申請先
  • 市役所 本庁舎:市民福祉部 子ども若者課 子育て支援係(0259-63-3126)
  • 両津・相川・羽茂支所:福祉保健係
  • 行政サービスセンター

必ず、予防接種を受ける前に申請してください。接種後の申請はお受けできません。

注釈
  • 例年、2月頃に、次年度の健康診断の希望調査を各世帯へお送りしています。その通知に、「予診票」・「接種費用補助金交付申請書兼受領委任払承認申請書」が必要かどうかの調査があります。必要と回答された方には、9月中旬にお送りしますので、それをご利用ください。

医療機関一覧

下記リンク先をご覧ください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「子育て」のトップへ