メニューをスキップしてタイトルへ



家畜導入事業補助金

2013年8月1日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2013年8月1日、補助内容を更新しました。
  • 2008年8月20日、繁殖牛・肥育牛・授精卵移植用素牛に対する補助内容が変更になりました。(平成20年度から適用)

対象者

肉用牛や酪農経営に取組む畜産農家、畜産組織など

補助内容

乳用牛
1頭につき導入経費の20%以内を補助。ただし1頭あたり補助金額12万円を上限とします。
繁殖牛
1頭につき導入経費の35%以内を補助。ただし1頭あたり補助金額17万5千円を上限とします。(対象牛:黒毛和種)
肥育牛
1頭につき導入経費の7%以内を補助。ただし1頭あたり補助金額3万5千円を上限とします。(対象牛:黒毛和種)

申請手順

  1. 農林水産業振興事業補助金交付申請書(PDF・約10キロバイト)を提出してください。内容を審査のうえ、交付決定通知書を発行します。
  2. 事業完了後、すみやかに農林水産業振興事業実績報告書(PDF・約10キロバイト)を提出してください。なお、事業費や交付申請額に変更が生じた場合は、農林水産業振興事業変更申請書(PDF・約10キロバイト)を提出していただく必要があります。
  3. 市から交付額確定通知書を受理後、農林水産業振興事業補助金交付請求書(PDF・約10キロバイト)を提出してください。その後、補助金が交付されます。

詳しくは窓口までお問い合せください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「畜産業支援」のトップへ