メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

(廃止された制度)地場産業振興支援事業補助金

2015年4月10日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2015年4月10日、本制度は4月10日をもって廃止されました。

地場産業にたずさわる中小企業者の人材育成、販路開拓、経営基盤強化など、事業に必要な経費の一部を補助します。

対象

対象事業

地場産業人材育成事業

「優秀な人材の育成・確保を推進。資質の向上や能力開発・技術の向上」を目的とする事業

地場産品販路開拓支援事業

「新製品の情報発信、販路開拓、同業種、異業種との交流拡大、消費者等の情報収集」を目的とする事業

国際規格等認証取得支援事業

「国際規格(ISO)認証取得と、要求事項を追加した規格(JISQ)の認証取得」を目的とする事業

対象者
市内に工場または事業所を有し、鉱業・建設業・製造業・卸売業・小売業・飲食店・運輸通信業・サービス業を営む中小企業者。(一部を除く)
注釈
  • 対象事業の「地場産品販路開拓支援事業」は、製造業のみ。

対象経費と補助限度額

注釈
  • 補助事業は年度内で完結することを条件とします。
  • 補助金額は、年度内の限度額です。
  • 補助金は、いずれも1,000円未満切捨です。

対象経費

地場産業人材育成事業
  • 他機関が開催する研修会等に参加する場合:受講料・旅費
  • 事業所が講師等を依頼し研修会を開催する場合:講師謝礼・旅費・会場費
地場産品販路開拓支援事業
出展小間料・旅費・小間装飾料・製品運送料・基本工事料・電気水道基本料
国際規格等認証取得支援事業
申請料・基本料・審査料・審査員旅費・登録料。ただし新規取得のみ

補助限度額

地場産業人材育成事業
  • 補助対象経費の2分の1以内の額(限度額:10万円)
  • 同一年に1事業所、5人まで
地場産品販路開拓支援事業
  • 補助対象経費の2分の1以内の額(限度額:20万円)
  • 同一年に1事業所、2回まで
国際規格等認証取得支援事業
  • 補助対象経費の2分の1以内の額(限度額:50万円)

応募方法

窓口までご連絡のうえ、下記の書類を提出してください。

受付期間

随時受け付けます。ただし、補助事業が着手される前に申請書を提出してください。

補助金交付の決定

応募内容を審査し、補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により申請者へ通知します。

このページの先頭へ

「商工業支援」のトップへ