メニューをスキップしてタイトルへ



高齢者の肺炎球菌予防接種を助成します

公費負担制度のご紹介

2016年7月21日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2016年7月21日、平成28年度の情報を掲載しました。
  • 2016年2月8日、最新の情報を掲載しました。
  • 2015年4月6日、平成27年度の情報を掲載しました。

高齢者の肺炎の発症と重症化を予防するために、予防接種の費用を助成しています。

ご希望の方は予防接種受入医療機関をご覧のうえ、早めに予防接種を受けてください。

平成28年度の対象者と助成内容など

病院・医院へ「高齢者肺炎球菌予防接種券・予診票」をお持ちください。自己負担金4,640円で予防接種を受けることができます。(生活保護を受けている方は、無料)

ただし、過去に「23価肺炎球菌ワクチン」を接種したことがある方は、対象となりません。

対象者

以下の生年月日の方

年齢生年月日
65歳となる方昭和26年4月2日〜昭和27年4月1日
70歳となる方昭和21年4月2日〜昭和22年4月1日
75歳となる方昭和16年4月2日〜昭和17年4月1日
80歳となる方昭和11年4月2日〜昭和12年4月1日
85歳となる方昭和6年4月2日〜昭和7年4月1日
90歳となる方大正15年4月2日〜昭和2年4月1日
95歳となる方大正10年4月2日〜大正11年4月1日
100歳となる方大正5年4月2日〜大正6年4月1日

60歳から65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器に重い病気のある方など

身体障害者手帳1級または医師の証明が必要です。主治医とご相談ください。

接種方法

各自、医療機関へご予約のうえ、下記のものをお持ちください。(予約不要の医療機関もあります)

接種期間

2016年4月1日〜2017年3月31日

「高齢者肺炎球菌予防接種券・予診票」の入手方法

すべての対象の方へ、毎年度のはじめに「高齢者肺炎球菌予防接種券・予診票」をお送りします。

紛失された方

最寄りの市役所窓口で再発行の申請をしてください。本庁であれば即日発行、支所・行政サービスセンターの場合は後日お送りします。(土日祝日と年末年始を除く)

必要書類
特にありません。
申請先
最寄りの市役所窓口(下記の担当窓口)

平成28年度 予防接種受入医療機関(地区別、50音順)

地区医療機関電話番号
両津市立両津病院0259-23-5111
三國医院0259-27-2489
相川佐渡市立相川病院0259-74-3121
高千診療所0259-77-2022
佐和田近藤内科胃腸科0259-57-3515
佐和田病院0259-57-3333
至誠堂耳鼻咽喉科医院0259-57-2063
中山内科クリニック0259-52-3939
本田クリニック0259-52-0505
金井佐渡総合病院
(岩首・西三川・静山・川茂診療所)
0259-63-6324(健康管理室)
9時〜17時
田尻内科医院0259-63-6500
新穂たなか内科医院0259-22-2056
畑野大崎医院0259-66-2467
真野真木山医院0259-55-3110
小木小木クリニック(医科)0259-86-2898
羽茂羽茂病院0259-88-3121
岩田内科医院0259-88-2105
赤泊佐渡市赤泊診療所(内科)
松ヶ崎診療所
0259-87-2033

担当窓口

このページの先頭へ

「医療・健康」のトップへ