メニューをスキップしてタイトルへ



高齢者のインフルエンザ予防接種を助成します

公費負担制度のご紹介

2017年10月1日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2017年10月1日、平成29年度の情報を掲載しました。
  • 2016年10月1日、平成28年度の情報を掲載しました。
  • 2015年10月2日、平成27年度の情報を掲載しました。
  • 2014年10月10日、平成26年度の情報を掲載しました。
  • 2013年6月4日、平成25年度の情報を掲載しました。
  • 2011年9月30日、平成23年度の情報を掲載しました。

高齢者のインフルエンザの発症と重症化を予防するために、予防接種の費用を助成しています。

接種してから抵抗力がつくまでに2週間程度かかりますので、ご希望の方は季節性インフルエンザ予防接種のご案内をご覧のうえ、早めに予防接種を受けてください。

平成29年度の対象者と助成内容など

病院・医院へ「インフルエンザ予防接種券・予診票」をお持ちください。自己負担金1,620円で予防接種を受けることができます。(生活保護を受けている方は、無料)

対象者

接種方法

各自、医療機関へご予約のうえ、下記のものをお持ちください。(予約不要の医療機関もあります)

接種期間

2017年10月1日〜2018年3月31日

「インフルエンザ予防接種券・予診票」の入手方法

65歳以上の方には「インフルエンザ予防接種券・予診票」をお送りしましたので、それをお使いください。(9月に送付済)

万が一お手元に届いていない方や、紛失された方は、最寄りの市役所窓口で申請してください。即日発行します。(土日祝日と年末年始を除く)

申請期間
平成29年度は、2018年3月31日まで
必要書類
特にありません。
申請先
最寄りの市役所窓口(下記の担当窓口)

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「医療・健康」のトップへ