メニューをスキップしてタイトルへ



公共下水道供用区域

下水道

2018年3月20日、更新


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2018年3月20日、2018年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2017年12月25日、最新の情報を掲載しました。
  • 2017年4月1日、2017年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2016年3月22日、2016年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2015年5月19日、2015年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2014年3月24日、2014年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2013年3月15日、2013年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2012年3月31日、2012年3月31日からの供用区域を掲載しました。
  • 2011年3月31日、2011年3月31日からの供用区域を掲載しました。

公共下水道供用区域

以下、「新規区域」とは、2018年3月31日からの供用開始の区域を指します。詳細な場所等については、窓口までお問い合わせください。

両津地区

相川地区

佐和田地区

金井地区

新穂地区

畑野地区

真野地区

小木地区

羽茂地区

赤泊処理区

公共下水道をご利用ください

下水道供用開始区域内の建物所有者は、下水道法第10条の規定により、その土地から出る下水を公共下水道へ流すために必要な排水設備を、すみやかに設置しなければなりません。くみ取り便所の場合は、下水道法第11条の3の規定により、供用開始後3年以内に接続することが義務付けられています。接続工事のための補助・助成制度がありますのでご活用ください。

担当窓口

このページの先頭へ

「インフラ」のトップへ