メニューをスキップしてタイトルへ



補助制度

下水道

2013年3月15日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
本ページの目次

自家用汚水ポンプ設備等設置補助制度

排水設備工事のための家庭用汚水ポンプ設置費用の一部を補助します(立地条件などにより施工が困難な場合に限ります)。補助限度額は50万円です。

詳しい内容や申請方法については、指定工事店へご相談ください。

合併処理浄化槽補助金制度

家庭用合併処理浄化槽の設置工事を行う方に対して、工事費の一部を補助します。対象地域は、下水道事業・農業集落排水事業・漁業集落排水事業の認可区域外の地域です。ただし、認可区域内であっても7年供用開始ができないと見込まれる地域は対象とします。

詳しい内容や申請方法については、窓口へお問い合せください。

下水道使用料免除制度(新規接続分)

新規に下水道へ接続し、以下の条件を満たす場合には、最長12か月「下水道使用料」の全額免除が受けられます。

  1. 下水道供用開始の告示から3年以内に接続を完了する方。
  2. 市税などの滞納がない方。(水道使用料、受益者負担金・分担金を含む)
注釈
  • 申請書の提出が遅れた場合、免除の期間が短くなる場合があります。

詳しい内容や申請方法については、窓口へお問い合せください。

担当窓口

このページの先頭へ

「インフラ」のトップへ