メニューをスキップしてタイトルへ



出産育児一時金

国保で受けられる給付と、申請方法

2016年1月4日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2016年1月4日、様式「国民健康保険出産育児一時金支給申請書」を差し替えました。
  • 2011年8月12日、郵便局で発行された「世帯主名義の通帳」でも申請できるようになりました。
  • 2010年1月14日、支給金額が42万円に増額されました。(平成21年10月1日から)

出産育児一時金

国民健康保険の加入者が出産されたとき、1子につき42万円が支給されます。申請が必要です。(国保以外の健康保険に加入している方は、各職場へ申請してください。社会保険等から同等の金額が支給されます)

申請方法

申請期間
出産日の翌日から2年以内
申請用紙
国民健康保険出産育児一時金支給申請書(PDF・約50キロバイト)
必要書類等
国民健康保険証、印鑑、世帯主名義の通帳
給付内容
出生児1人につき420,000円(平成21年9月30日までに出産をされた場合は380,000円)。妊娠12週以降であれば、死産・流産・人工流産でも支給されます。
申請人
加入世帯の世帯主

出産育児一時金等直接支払制度

一時金の額を上限として、市から医療機関等へ直接出産費用を支払う制度です。多額の費用を用意しなくても安心して出産できます。ご利用にあたっては、出産される医療機関等で手続きをしてください。

なお、出産費用よりも一時金の額が多い場合は、差額を市から支給します。詳しくは窓口までお問い合せください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「国保・国民年金」のトップへ