メニューをスキップしてタイトルへ



自主防災組織の結成をお願いします

2012年5月15日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2012年5月15日、「自主防災組織育成補助金制度」を拡充し、様式類を更新しました。

自主防災組織とは

自主防災組織とは、「自分達の地域は自分達で守る」という自覚・連帯感にもとづいて自主的に結成する組織のことです。日常的な活動は、防災知識の普及、防災訓練の実施、避難所の確認など。災害発生時には、情報収集・伝達、初期消火、救出・救護、避難誘導、二次災害防止のための巡視など、幅広い活動をしていただきます。

組織結成のポイント

会長(リーダー)の選定
会長(リーダー)は、防災問題に関心を持ち、行動力があり、住民の意見をまとめられる人が望ましい。
組織体制の決定
自分達の地域にあった組織体制を決め、連絡網を作成する。
規約の作成
規約を作成する。
活動内容の検討
防災計画を作成し、平常時と災害時それぞれの活動計画を立てる。
資機材の整備
誰でも簡単に使用できる資機材から順に整備する。

組織体制・規約・防災計画を作成するにあたっては、次の文書を参考にしてください。

注釈
  • 内容にはそれぞれ「組織体制例及び事務分掌例」「規約の作成例」「防災計画の作成例」が含まれています。

詳しくは窓口までご相談ください。

自主防災組織育成補助金制度

自主防災組織の規約を作成し、結成届を市へ提出していただくと、下記の補助金をご利用になれます。ぜひご活用ください。

活動補助
避難計画の作成、防災知識の習得と普及、防災訓練の実施、その他市長が認める自主防災活動に要する経費を補助します。限度額は1団体につき200,000円。
資機材整備補助
防災資機材整備に要する経費を補助します。限度額は1団体につき100,000円。
継続補助
上記の「活動補助」または「資機材整備補助」のいずれかを3回活用し終えた団体に対し、4回目以降について補助します。限度額は1団体につき50,000円。

申請様式

申請書

下記のPDFとDOCは、同一の内容です。いずれか一方をご利用ください。

PDF

DOC(ワード)

記載例(PDF)

コミュニティ助成事業(自主防災組織育成助成事業)

(財)自治総合センターが実施する自主防災組織育成助成事業です。下記リンク先をご覧ください。

担当窓口


関連ページ

このページの先頭へ

「その他の制度」のトップへ