1. トップページ
  2. 新着情報

「宝の島」佐渡。佐渡には、世界遺産登録を目指す佐渡金銀山や世界農業遺産、佐渡ジオパークなどの世界的な「3つの宝物」があります。また、関連する芸能、あるいは豊かな食文化など、島ならではの歴史や文化が数多く伝えられています。

このたび、首都圏で「宝の島」佐渡の魅力を発信するイベントを開催し、佐渡活性化の核でもある世界遺産登録の推進に向けた官民連携による講演会等を開催します。

佐渡島や佐渡金銀山にご関心をお持ちの方は、ぜひお越しください。 5月22日、定員に達したため、参加申込を締め切らせていただきました。

概要

日時
2017年5月27日(土曜日)、11時30分〜15時50分
会場
ホテル東京ガーデンパレス(文京区湯島1-7-5)(電話:03-3813-6211)
入場料
無料
申込先
佐渡市役所 世界遺産推進課
ご参考
宣伝チラシ「『宝の島』佐渡の魅力を知る」(PDF・約910キロバイト)
主催
佐渡市、一般社団法人 佐渡を世界遺産にする会、佐渡を世界遺産にする新潟の会、佐渡を世界遺産にする首都圏の会
共催
新潟県、新潟県教育委員会
後援
自由民主党新潟県選出国会議員「佐渡金銀山」世界遺産登録推進議員連盟、新潟県「佐渡金銀山」世界遺産登録推進議員連盟、佐渡市世界遺産登録推進議員連盟、東京新潟県人会、首都圏佐渡連合会、佐渡金銀山世界遺産登録推進県民会議、新潟日報社、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、朝日新聞新潟総局、共同通信社新潟支局、時事通信社新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、日本ケーブルテレビ連盟信越支部新潟県協議会、エフエムラジオ新潟

内容

オープニング 12時30分〜13時
羽茂高等学校郷土芸能部 郷土芸能披露

新潟県立羽茂高等学校は、佐渡が島の南部、おけさ柿で有名な、羽茂地区にある全校生徒160人程度の小さな高校です。

郷土芸能部は地元講師の指導のもと佐渡の各地に伝わる郷土民謡の伝承と普及に取り組んでいます。民謡の稽古に加え、農業体験や祭りへの参加などを通して佐渡の文化も学んでいます。

平成19年からは新潟県代表として、10年連続で郷土芸能の全国大会である「全国高等学校総合文化祭」に出場しています。第40回全国高等学校総合文化祭郷土芸能部門において、最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞されました。

第1部 講演会 13時〜14時25分
「文化財を活かした地域の活性化」
㈱小西美術工藝社代表取締役社長 デービッド・アトキンソン氏

講師略歴:株式会社小西美術工藝社代表取締役社長。奈良県立大学客員教授。三田証券社外取締役。元ゴールドマン・サックス金融調査室長。

1965年イギリス生まれ。オックスフォード大学(日本学専攻)卒業後、大手コンサルタント会社や証券会社を経て、1992年ゴールドマン・サックス証券会社入社。大手銀行の不良債権問題をいち早く指摘し、再編の契機となった。同社取締役を経てパートナー(共同出資者)となるが、2007年退社。同社での活動中、1999年に裏千家に入門し、2006年に茶名「宗真(そうしん)」を拝受。

2009年に創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社入社、取締役に就任。2011年代表取締役会長兼社長、2014年に代表取締役社長に就任し現在に至る。2016年財界「経営者賞」受賞。

著書は『新・観光立国論』(山本七平賞、不動産協会賞、東洋経済新報社)、『新・所得倍増論』(東洋経済新報社)など多数。

第2部 世界遺産登録の早期実現を目指す集い 14時35分〜15時15分

民間団体宣言

併催:佐渡物産展など 11時30分〜15時50分

佐渡食材を使用した食品や加工品等の販売

佐渡3資産や観光案内の紹介ブース

このページの先頭へ

「新着情報」へ

佐渡市役所 世界遺産推進課 〒952-1292 新潟県佐渡市千種232 電話:0259-63-5136