メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

地球と共にあゆむ島づくり

[美しく、環境にやさしい島づくりプロジェクト]20年度事業-2

2008年9月2日、掲載

財務課 調査係(0259-63-3114)

平成20年度事業費

約4,100万円

平成20年度事業内容

  1. 白色トレイや廃乾電池等の全島リサイクル推進を図ります。生ごみ処理機器購入に対する補助金を交付することにより利用率の向上を図ります。[担当:廃棄物対策課]
  2. 引き続き市内全域でマイバッグ持参による「レジ袋ゼロ運動」に取り組み、ごみの排出量を削減します。不法投棄撲滅リーダー100人行動に取組むほか、放置車輌の撤去を進めます。[担当:廃棄物対策課]
  3. 市民や事業者の環境に配慮した行動を広めることにより、日常生活等における二酸化炭素等の温室効果ガスの排出を抑制し、地球温暖化対策を進めます。[担当:トキ共生・環境課]
  4. BDF精製に用いる廃食油の収集範囲を、一般家庭まで拡大して回収するため、収集拠点数を拡大します。[担当:企画振興課]
  5. 切捨て間伐材等の未利用系バイオマス燃料化利用率の向上を目指すため、地域バイオマス利活用交付金事業に取り組みます。[担当:農林水産課]
  6. 太陽光発電設備、風力発電設備や低公害車導入に対する補助金を交付することにより、クリーンエネルギの利用率を向上させます。[担当:企画振興課]

「レジ袋ゼロ運動」のマーク(買い物かごを持ったトキのイラスト)

佐渡市では、全市をあげて「レジ袋ゼロ運動」に取り組んでいます。

このページの先頭へ

「美しく、環境にやさしい島づくりプロジェクト」のトップへ