メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

佐渡市内の小中学校のグラウンドと、保育園の園庭における放射線量の測定結果

2011年8月25日、掲載

教育委員会 学校教育課 施設係(0259-23-4898)
社会福祉課 保育係(0259-63-5113)


空間放射線量の測定結果(8月17〜19日)

検査機関
財団法人 新潟県環境衛生研究所
測定機器
サーベイメータ
結果概要
測定結果は、いずれも通常測定範囲より低位でした。
(単位:マイクロシーベルト毎時)
測定場所測定日地上
10センチメートル
地上
50センチメートル
地上
1メートル
加茂小学校
グラウンド
8月17日0.0880.0860.084
トキっこ保育園
園庭
8月17日0.0840.0740.076
畑野小学校
グラウンド
8月17日0.0820.0760.072
真野第一保育園
園庭
8月17日0.0780.0740.070
金井保育園
園庭
8月17日0.0860.0800.080
河原田小学校
グラウンド
8月17日0.0840.0840.080
相川中学校
グラウンド
8月17日0.0980.0900.090
高千中学校
グラウンド
8月18日0.0880.0880.084
内海府中学校
グラウンド
8月18日0.0840.0840.076
前浜中学校
グラウンド
8月18日0.0780.0760.076
小木小学校
グラウンド
8月19日0.0860.0860.088
羽茂小学校
グラウンド
8月19日0.0840.0860.086
赤泊小学校
グラウンド
8月19日0.0980.0980.096
注釈
  • 上記は、土壌中に存在する天然の放射性物質が発する放射線や、宇宙から飛来する放射線等も含んだ測定値です。原発事故による放射線だけではないことにご留意ください。
  • 測定に使用した「サーベイメータ」とは、簡便な測定を目的とした小型の放射線測定器です。原子力関連施設内で被ばく管理用のために使用されることも多く、最も放射線に敏感な皮膚下の数値に補正したうえで表示します。このため、サーベイメータの測定値は、モニタリングポストの測定値に対し、3割程度、高めになる傾向があります。

国が示している安全基準値などとの比較

文科省は、7月20日、グランドの安全基準を年間20ミリシーベルト(毎時3.8マイクロシーベルト)としながらも、年間1ミリシーベルト(毎時0.19マイクロシーベルト)をめざすという方針を打ち出しました。

佐渡市内での測定結果は、この安全基準を大きく下回っていました。

参考リンク

文部科学省

新潟県

このページの先頭へ

「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)関連情報」のトップへ