メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

新型インフルエンザワクチン「優先接種対象者」の方へ、ワクチン接種のご案内

2009年11月26日、掲載
2010年1月13日、更新(具体的な更新内容)

健康推進課 保健企画係(0259-63-3115)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2010年1月13日、優先接種対象者と生活保護・市民税非課税世帯の取り扱いを一部変更しました。
  • 2009年12月15日、佐渡市の助成制度を掲載しました。
本ページの目次

ワクチン接種の目的

新型インフルエンザウイルスは、感染力は強いのですが、多くの感染者は軽症のまま回復しています。タミフル等の治療薬も有効です。ただ、大多数の人に免疫がないため、感染が拡大する可能性があります。また、基礎疾患(糖尿病やぜん息など)をお持ちの方や、妊婦の方などが重症化する可能性が指摘されています。

今回のワクチン接種は、死亡者や重症者をできる限り減らすことと、患者の集中発生を防ぐことが目的です。ただし強制ではありませんので、費用や接種のリスクなどを考慮のうえ(後述)、個人の判断により接種してください。

優先接種対象者と、接種スケジュール

ワクチンは順次生産されていくため、より必要性の高い方が早く接種できるような工夫が求められます。新潟県では、ワクチンの重症化予防という効果をふまえて、次のように優先接種対象者を決めています。

優先接種対象者

注釈
  • 「医療従事者」とは、インフルエンザ患者の診療に直接従事する医療従事者を指します。
  • 妊婦、基礎疾患、幼児、小学校1〜3年生の優先接種対象者が、身体上の理由で接種できない場合は、その保護者等が接種することができます。詳しくはかかりつけ医にご相談ください。

接種スケジュール

接種スケジュールは、下記ホームページからご覧ください。

接種費用

接種費用は実費負担となります。金額は全国一律です。

注釈
  • 1回目と2回目を異なる医療機関で接種する場合は、いずれも3,600円。(計7,200円)

佐渡市の助成制度

市内にお住まいの次の方に、費用の全額を助成します。すでに接種済の方や、島外の医療機関で接種される方(接種された方)も、該当する場合は助成を受けることができます。

助成対象者
  1. 妊婦の方
  2. 基礎疾患をお持ちの方
  3. 幼児(1歳〜就学前)
  4. 小学生、中学生
  5. 高校生相当年齢の方
  6. 1歳未満の小児の保護者
  7. 65歳以上の高齢者
  8. 上記「2」〜「5」のうち身体上の理由で予防接種を受けられない方の保護者等

ワクチン接種時に、医療機関窓口にある「新型インフルエンザワクチン接種費用補助金交付申請書兼受領委任払承認申請書」に必要事項を記入してください。接種費用を支払うことなく接種を受けられます。

すでに接種を受けた方や、島外の医療機関で接種を受ける方は

医療機関が発行したワクチン接種の領収書(原本)と接種済証(写し)、振込口座のわかる書類(通帳など)、印鑑をお持ちのうえ、市役所窓口(本庁健康推進課・各支所・行政サービスセンター)で還付の手続きを行ってください。後日、請求者の口座へ振り込みます。

接種方法

  1. 優先接種対象者に該当する方で接種を希望される方は、接種機関をご確認のうえ、直接予約を入れてください。
  2. 接種時には、下記「提示書類リスト」をご覧のうえ、必要な書類をお持ちください。

提示書類リスト

該当する書類を接種時にお持ちください。

基礎疾患をお持ちの方
  • 「優先接種対象者証明書」(かかりつけ医以外で接種を受ける場合のみ)
妊婦
  • 「母子手帳」(必ず必要)
1歳未満の小児の保護者
  • 「母子手帳」(必ず必要)
  • 接種を受ける保護者の「健康保険被保険者証」・「運転免許証」・「住民票」のうち、いずれか一つ
1歳〜高校生
  • 「母子手帳」・「健康保険被保険者証」・「学生証」・「住民票」のうち、いずれか一つ
65歳以上の方
  • 「健康保険被保険者証」・「運転免許証」・「住民票」のうち、いずれか一つ
「優先接種対象者のうち、身体上の理由で接種できない方」の保護者等
  • 「優先接種対象者証明書」(かかりつけ医以外で接種を受ける場合は、必ず必要)
  • 接種を受ける保護者等の「健康保険被保険者証」・「運転免許証」・「住民票」のうち、いずれか一つ

接種にあたっては効果とリスクを考慮してください

接種機関

必ず予約してから接種してください。

医療機関名 住所 電話番号
医療法人社団 近藤内科胃腸科東大通87657-3515
佐渡市立相川病院相川広間町7番地74-3121
佐渡市立両津病院浜田177-123-5111
佐渡市赤泊診療所赤泊2206番地387-2033
佐和田病院八幡町33257-3333
高千診療所北川内105177-2022
たなか内科医院下新穂83番地222-2056
本田クリニック東大通1232-152-0505
三國医院両津湊343-427-2489
医療法人社団 大崎医院畑野75466-2467
厚生連 佐渡総合病院千種113番地163-3121
厚生連 羽茂病院羽茂本郷22番地88-3121
至誠堂耳鼻咽喉科医院窪田933-157-2063
中山内科クリニック河原田本町1952-3939
鶴間医院河原田本町25457-2531
田尻内科医院中興1115-163-6500
田中内科小児科医院小木町203986-2898
榎医院羽茂本郷555番地288-2105
真木山医院真野新町787-155-3110
注釈
  • 公表を了承いただいた医療機関のみ掲載しています。(10月28日現在)
  • 上記以外でも、入院・通院している患者さんには接種する医療機関がありますので、まずはかかりつけ医にご相談ください。

このページの先頭へ

「新型インフルエンザ関連情報(2009〜2010年)」のトップへ