メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

希望者全員が新型インフルエンザワクチンを接種できるようになりました

接種費用助成対象者も拡大しました

2010年1月28日、掲載

健康推進課 保健企画係(0259-63-3115)

これまでは優先接種対象者に限定されていましたが、平成22年1月20日以降、どなたでも新型インフルエンザワクチンを接種できるようになりました。ご希望の方は、各自、かかりつけ医やお近くの医療機関に予約をして接種を受けてください。

詳しくは下記ページをご覧ください。

接種費用

接種費用は実費負担となります。金額は全国一律です。

注釈
  • 1回目と2回目を異なる医療機関で接種する場合は、いずれも3,600円。(計7,200円)

佐渡市の助成制度

次の方に接種費用の全額を助成します。

優先接種対象者以外で生活保護世帯・市民税非課税世帯の方

医療機関が発行したワクチン接種の領収書(原本)と接種済証(写し)、振込口座のわかる書類(通帳など)、印鑑をお持ちのうえ、市役所窓口(本庁健康推進課・各支所・行政サービスセンター)で還付の手続きを行ってください。後日、請求者の口座へ振り込みます。

申請・接種期限は、平成22年3月31日です。

優先接種対象者

下記ページをご覧ください。

このページの先頭へ

「新型インフルエンザ関連情報(2009〜2010年)」のトップへ