メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

ご意見の概要と、佐渡市の考え方

佐渡市総合基本計画(後期)(素案)

2010年3月25日、掲載

企画振興課 企画統計係(0259-63-4152)

注釈
  • 文中に記載されているページ数等は、PDF版の「佐渡市総合基本計画(後期)(素案)」に対応しています。
  • PDF版「佐渡市総合基本計画(後期)(素案)」は、計画素案のページからダウンロードしてご覧ください。

ご意見等(要旨)1

計画案を拝見し、高い見識と真摯な姿勢に大変感銘した。すべての方針で、関係者一人ひとりが他を偽ることは勿論、己を偽ることのないよう誓い、志と責務を全うされることを望む。

対応する計画素案
全体

佐渡市の考え方

総合的かつ計画的な行財政運営を着実に遂行し、目標が達成できるよう最善の努力をします。

ご意見等(要旨)2

空港の整備は、佐渡市の人口、産業、財政、更に日本の空港情勢から考えると島民の大きな負担になると考える。島民が納得のいくB/C(費用対効果)をもって説明されたい。

対応する計画素案
第2章第1節:交通体系の整備

佐渡市の考え方

産業の振興及び島民の安全・安心の確保、特に災害等における備えとして、ジェット機が就航できる滑走路の整備が必要不可欠であり、その整備は成長力強化の基盤であると考えています。また、空港建設に係る経費についてはその大部分が国費・県費であることや、維持管理費は県費で賄われることが想定されています。

今後、空港拡張整備による需要予測や経済効果等を取りまとめ、市民の皆様に説明をしたいと考えています。

ご意見等(要旨)3

医療体制の充実における、へき地医療の確保の振興方針は非常に不明確である。財政根拠をもって具体的な施策を説明されたい。

対応する計画素案
第2章第1節:医療体制の充実

佐渡市の考え方

医師不足等から、へき地での医療機関開設は困難であるため、へき地中核病院等による巡回診療(静平ほか)や、へき地診療所(赤泊診療所ほか)への運営や維持管理に対する支援を引き続き実施したいと考えています。

ご意見等(要旨)4

医療体制の充実における、市立病院の経営健全化の振興方針は非常に不明確である。財政根拠をもって具体的な施策を説明されたい。

対応する計画素案
第2章第1節:医療体制の充実

佐渡市の考え方

公立病院改革プランに基づいて、3年間で経営の健全化を目指すもので、両津病院は12項目を掲げ平成23年度に、相川病院は10項目を掲げ平成22年度に黒字化を目指しています。収入の確保として、両津病院では病床数を99床に見直すことにより特定疾患療養管理料の増収を図り、また、看護配置基準を10対1に見直すことにより患者サービスの向上と医療収入の増収等を計画しています。経費の削減は、外部委託の推進や両病院の医薬品等の仕入方法を見直し、共同購入による削減や経常経費の削減等を計画しています。

ご意見等(要旨)5

観光や交通インフラに税金を使うのではなく、医療・福祉・介護、子育てや教育、地域力の向上に税金を使っていくべきではないか。福祉・介護、子育ては、地域の企業やNPOと協力し、市民やボランティアに任せることで、使う税金も減る。

また、医療については高い税金を使っても市内の医者を充実させるべきでないか。良い医者を呼び込むことで本土からも人が来るようになるのではないか。

対応する計画素案
第2章第1節:医療体制の整備、地域福祉の充実

佐渡市の考え方

ご指摘のとおり、市民生活において福祉、教育等の充実は非常に重要であると考えています。また、高齢者や子どもが安心して暮らせる環境づくりについては、NPO法人等の民間事業者の参入や育成を促進しているところです。

一方、島民の安全・安心の確保、産業振興及び地域経済の活性化を図る上で、観光の振興や交通インフラの整備は不可欠であると考えます。医師不足については、離島という地理的な条件も大きく影響しており、航空路の開設によって移動時間が短縮されれば、医師の確保がしやすい環境になると考えています。

ご意見等(要旨)6

観光産業の振興における、振興方針6の「佐渡産品を提供する仕組み作り」は非常に不明確である。具体的な施策を説明されたい。

対応する計画素案
第2章第2節:観光産業の振興

佐渡市の考え方

顧客ニーズに合わせた旬の食材を安定的に提供するため、年間を通じた計画栽培など、生産者や関係機関と連携した取組や、佐渡の食材を使った商品や加工品等の開発、ホテル・旅館への食材を提供するための組織や流通の構築を図りたいと考えています。

ご意見等(要旨)7

観光産業の振興における、振興方針8の「価格競争力のある企画商品」は非常に不明確である。具体的な施策を説明されたい。

対応する計画素案
第2章第2節:観光産業の振興

佐渡市の考え方

佐渡は歴史や文化等の観光資源は豊富で、近年では、世界遺産への登録に向けた取組のほかに、トキの放鳥や原生林等のトレッキング、コブダイ等の自然環境についても注目されているところです。今後は、これらの資源に物語性を持たせたつながりや、ガイド、体験等の充実を図り顧客満足度の向上に向けた取組を進め、価格以上の魅力の発信や宣伝に努めるとともに、旅行代理店等とタイアップした企画商品の開発を進めていくものです。

このページの先頭へ

「平成21年度募集分」のトップへ