メニューをスキップしてタイトルへ



[平成19年度]行政評価の取り組み

2009年11月18日、更新(具体的な更新内容)

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
本ページの目次

平成19年度 行政評価システム報告書

平成19年度の取組み内容、今後の取り組み、資料をまとめましたので報告します。(恐れ入りますが、PDF版のみの公開とさせていただきます)

このページの先頭へ

行政事務改善委員会(第2分科会)の活動

5月2日に佐渡市行政事務改善委員会を開催し、行政事務手続の改善を行政評価システムの構築により具体的に進めていくために、その内容について分科会を設置し協議することになりました。

平成19年度は、施策評価の試行を計画しており、分科会では施策評価の手法等を理解し、事務事業評価、予算編成、総合計画進行管理など、佐渡市としてどのような仕組みにしていくか協議を進めます。

平成19年度の活動状況は以下のとおりです。

第1回会合:平成19年5月14日(月曜日)、金井コミュニティセンター小会議室

分科会員を対象に、施策評価の基礎研修を行いました。

以下、第1回会合で使用した資料です。

第2回会合:平成19年6月6日(水曜日)、市役所3階大会議室

施策評価の仕組みづくりを協議し、分科会員によるモデル施策の検討等を行いました。

第3回会合:平成19年6月27日(水曜日)、市役所2階第1会議室

分科会員によるモデル評価の手順の確認、実施する施策の検討等を行いました。

  1. 第3回第2分科会議事録(要旨)平成19年6月27日開催(PDF・約100キロバイト)
  2. 資料「分科会員モデル施策評価表(案)」(PDF・約160キロバイト)

第4回会合:平成19年9月21日(金曜日)、市役所会議室棟第2会議室

施策評価の試行をするにあたり、全体スケジュールの変更が必要になったため、分科会員によるモデル評価の手順の確認等を再度行い、今後の計画を練り直しました。

  1. 第4回第2分科会議事録(要旨)平成19年9月21日開催(PDF・約96キロバイト)
  2. 資料「分科会員モデル施策評価表」(PDF・約216キロバイト)
  3. 資料「事務事業一覧表(児童福祉)」(PDF・約76キロバイト)
  4. 資料「行政評価スケジュール(予定)」(PDF・約72キロバイト)

第5回会合:平成19年10月30日(火曜日)、市役所2階第1会議室

「児童福祉」の施策に対して、分科会員が評価表に記入をしたことにより見えた課題、意見等を出し合うとともに、今後の予算編成、総合計画等との連携について話し合いました。

  1. 第5回第2分科会議事録(要旨)平成19年10月30日開催(PDF・約20キロバイト)
  2. 資料「分科会員モデル施策評価表の作成について」(PDF・約16キロバイト)
  3. 資料「分科会員モデル施策評価表」(PDF・約32キロバイト)
  4. 資料「施策【児童福祉】事務事業評価表」(PDF・約28キロバイト)

第6回会合:平成19年11月9日(金曜日)、金井コミュニティセンター小会議室

分科会員で実施したモデル評価の結果から見えた課題、意見等を説明した後、講師から今後の取り組み方法、活用方法などについて説明していただきながら、本市がどのように実施していくかを協議しました。

  1. 第6回第2分科会議事録(要旨)平成19年11月9日開催(PDF・約24キロバイト)

第7回会合:平成19年12月21日(金曜日)、市役所2階第1会議室

施策評価を実施するにあたり、評価体制、枠配分予算の課題整理、評価マニュアルの作成を行い、1月に開催する研修会(説明会)の準備をしました。

  1. 第7回第2分科会議事録(要旨)平成19年12月21日開催(PDF・約32キロバイト)
  2. 資料「佐渡市施策評価評価マニュアル」(PDF・約56キロバイト)
  3. 資料「佐渡市施策評価表(案)」(PDF・約44キロバイト)

第8回会合:平成20年1月11日(金曜日)、市役所会議棟第2会議室

施策評価表記載説明等研修会で使用するマニュアルおよび評価表の様式を一部変更することについて、説明と確認をしました。

  1. 第8回第2分科会議事録(要旨)平成20年1月11日開催(PDF・約24キロバイト)
  2. 資料「佐渡市施策評価評価マニュアル」(PDF・約40キロバイト)
  3. 資料「佐渡市施策評価表」(PDF・約20キロバイト)
  4. 資料「佐渡市総合計画:基本計画(前期)体系図」(PDF・約20キロバイト)
  5. 資料「施策評価表記載説明等研修会の開催について(依頼)」(PDF・約12キロバイト)

第9回会合:平成20年2月20日(水曜日)、市役所会議棟第3会議室

施策評価の試行実施状況から明らかになった課題等を説明するとともに、平成20年度に向けた行政経営システム(行政評価、総合計画、予算編成)の流れの検討、確認をしました。

  1. 第9回第2分科会議事録(要旨)平成20年2月20日開催(PDF・約20キロバイト)
  2. 資料「総合計画施策確認表」(PDF・約60キロバイト)
  3. 資料「活用フロー図」(PDF・約36キロバイト)

第10回会合:平成20年3月21日(金曜日)、市役所2階第1会議室

平成20年度に使用する事務事業と施策の各評価表の様式及びマニュアルについて協議するとともに、具体的な事務の進め方や、今年度の取り組みのまとめと来年度の方向性の確認をしました。

  1. 第10回第2分科会議事録(要旨)平成20年3月21日開催(PDF・約24キロバイト)
  2. 資料「事務事業評価表様式」(PDF・約28キロバイト)
  3. 資料「事務事業評価マニュアル」(PDF・約128キロバイト)
  4. 資料「施策評価表様式」(PDF・約20キロバイト)
  5. 資料「施策評価マニュアル」(PDF・約40キロバイト)
  6. 資料「行政評価活用フロー図」(PDF・約16キロバイト)
  7. 資料「行政評価システム報告書(案)」(PDF・約1メガバイト)
  8. 資料「20行政評価スケジュール(予定)」(PDF・約16キロバイト)

このページの先頭へ

打ち合わせ会

効率的・効果的に行政評価システムを構築し、活用するには、予算編成、総合計画等と行政評価の連携が欠かせません。各種データ等を結びつけ、より事務効率を高め、データの共有を図りながら、事務事業において市民へのサービス、満足度向上を考える必要があります。

行政評価の仕組みづくりについて、行政事務改善委員会第2分科会で協議、検討を進めるとともに、行政評価を確実に実行していくために、関係部署と打ち合わせを重ねます。

第1回会合:平成19年6月6日(水曜日)、市役所3階大会議室

5月14日の行政事務改善委員会第2分科会において実施した施策評価基礎研修内容のうち、「施策評価の活用方法」を中心に講師から、企画財政部、総務部の関係職員に説明していただきました。

その後、今後の佐渡市の予算編成・総合計画・行政評価の連携について打ち合わせを行うとともに、今年度どのように取り組んでいくのかを協議しました。

第2回会合:平成19年11月15日(木曜日)、市役所会議室棟第2会議室

総務部長が中心となり、部長、副部長、行政委員会の局長等を対象に、これまでの行政評価の取り組み状況、今後の計画を説明するとともに、行政評価、総合計画の実施計画、予算編成の1年間の流れとその方法について理解を求め、取り組んでいくことを再確認しました。

このページの先頭へ

事務事業評価表記載説明会

おもに本庁課の課長補佐、係長、主任等を対象に、今年度実施する事務事業評価表の記載方法や考え方、評価表提出までの流れなどについて説明を行い、事務事業評価表の作成に入りました。

今年度は、補助金・負担金、施設の維持管理(市民サービスを伴う施設管理運営事業は除く)の整理、調査を別途実施しますので、重複する作業を避けるため、一部を除いた事務事業を評価の対象とします。また、事務事業評価は、平成18年度の決算や実績を点検する事後評価になります。

月日
6月8日(金曜日)
会場
金井コミュニティセンター(ホール)
参加者
約130名
資料
事務事業評価表記載説明会の様子 事務事業評価表記載説明会の様子

このページの先頭へ

施策評価表記載説明等研修会

本庁課の課長、支所長を対象に、1月から実施する施策評価表の記載方法や考え方などについて説明を行い、施策評価表の作成に入りました。

今年度は、佐渡市総合計画の基本計画(前期)を体系化した施策をもとに、44の施策を評価の対象としています。評価表作成後には、ヘルプデスク(対面点検)を実施し、内容の充実、理解を深めていきます。

月日
1月16日(水曜日)
会場
市役所3階大会議室
参加者
41名
資料
施策評価説明会の様子 施策評価説明会の様子

このページの先頭へ

行政評価職員研修 : 行政評価活用のために学ぶ2日間

行政評価の考え方を分かりやすく解説し、新たな行政マネジメントの考え方、成果志向やコスト志向の醸成を図ることを目的に、2日間、職務階層別に研修を実施しました。

1. 行政評価運用研修会(1日目)

月日
5月10日(木曜日)
演題
「地方自治体の行政経営と行政評価」
テーマ
ニュー・パブリック・マネジメントの視点から
会場
金井コミュニティセンター(ホール)
参加者
約180名
講師
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授、石原俊彦(いしはら・としひこ)氏

おもに幹部職員を対象(一般公開しました)に、行政経営ツールとしての行政評価の運用方法、事務事業評価から施策評価、計画立案への活用方法についての認識を深めるとともに、行政経営のマネジメントサイクルとニュー・パブリック・マネジメントの基本原理等を学ぶことを目的に開催しました。

研修会場の様子 研修会場の様子

また、この研修会では、行政評価に関するアンケートを行いました。昨年11月に行ったアンケート結果(今回と同様におもに幹部職員が対象)と比較してお知らせします。

 今回の研修会
平成19年5月11日
昨年の研修会
平成18年11月13日
研修参加人数177151
アンケート回収数143133
回収率80.8%88.1%

佐渡市に行政評価システムは必要だと思いますか?

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
必要である76.9%79.7%△2.8%
どちらとも言えない16.1%16.5%△0.4%
必要ない2.1%1.5%0.6%
回答なし4.9%2.3%2.6%

行政評価は昨年に比べると若干下回ったものの、7割以上が必要であるという回答でした。

事務事業評価において、重視すべき項目は何だと思いますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
有効性11.9%22.9%△11.0%
効率性20.8%21.6%△0.8%
妥当性7.5%16.3%△8.8%
改善の可能性20.1%13.2%6.9%
必要性・時代度11.6%10.7%0.9%
今後の方向性21.2%12.2%9.0%
その他1.0%0.3%0.7%
回答なし5.8%2.8%3.0%

評価の観点として重視すべきものは、今後の方向性と改善の可能性が伸び、有効性と妥当性が下がりました。評価結果を翌年度以降の計画にうまく反映していけるような仕組みを検討していく必要があります。

行政評価の実施によって、次のどの効果に期待しますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
期待しない0.9%1.7%△0.8%
事務事業等の見直し32.1%37.0%△4.9%
市民への説明責任の向上22.2%24.8%△2.6%
職員の意識改革38.5%33.0%5.5%
その他0.9%0.4%0.5%
回答なし5.6%3.0%2.6%

職員の意識改革、事務事業等の見直しに期待している割合が高いです。できる限り職員に事務負担が少なく、市民へ説明できる仕組みづくりを目指します。

研修当日の市民、職員の声

アンケートへのご協力ありがとうございました。

2. 行政評価先進自治体例研修会(2日目)

月日
5月11日(金曜日)
演題
「豊橋市における行政評価と行政経営」
テーマ
自治体行政経営と行政評価
会場
金井コミュニティセンター(ホール)
参加者
約200名
講師
愛知県豊橋市財務部次長、金田英樹(かなだ・ひでき)氏

おもに係長等の職員を対象(一般公開しました)に、市民の視点から財源を有効に配分し、市民満足度が高まる市役所運営を目指し導入された先進自治体の行政評価について、その導入から運用、現在に至るまでのプロセスを学び、佐渡市の行政評価システム構築に活用していくことを目的に開催しました。

研修会場の様子 研修会場の様子

この研修会でも、行政評価に関するアンケートを行いました。前日10日の集計結果と比較してお知らせします。幹部職員と係長等職員の考え方の比較になります。

 5月11日5月10日
研修参加人数201177
アンケート回収数160143
回収率79.6%80.8%

佐渡市に行政評価システムは必要だと思いますか?

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
5月11日5月10日
必要である56.9%76.9%△20.0%
どちらとも言えない36.3%16.1%20.2%
必要ない2.5%2.1%0.4%
回答なし4.4%4.9%△0.5%

佐渡市において行政評価システムは構築段階であり、制度、しくみの説明等が、職員や市民にまだまだ不足しています。係長等は、事務事業評価の中心的な役割を担うため、今後はこれまで以上にわかりやすく伝わる工夫をしていきたいと思います。

事務事業評価において、重視すべき項目は何だと思いますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
5月11日5月10日
有効性17.1%11.9%5.2%
効率性19.4%20.8%△1.4%
妥当性18.5%7.5%11.0%
改善の可能性16.3%20.1%△3.8%
必要性・時代度11.2%11.6%△0.4%
今後の方向性14.3%21.2%△6.9%
その他2.0%1.0%1.0%
回答なし1.1%5.8%△4.7%

比較して一番差が出たのは「妥当性」評価でした。市民ニーズ、市の関与の妥当性、事業目的の妥当性を重視すべきとした回答が「効率性」に次いで多い回答になりました。

行政評価の実施によって、次のどの効果に期待しますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
5月11日5月10日
期待しない2.4%0.9%1.5%
事務事業等の見直し39.8%32.1%7.7%
市民への説明責任の向上18.7%22.2%△3.5%
職員の意識改革34.7%38.5%△3.8%
その他3.2%0.9%2.3%
回答なし1.2%5.6%△4.4%

2日とも職員の意識改革、事務事業等の見直しに期待している割合が高くなりました。職員に行政評価など新たな事務作業による負担が生じている中で、市民サービスを考えながら低下させないよう事務事業等を見直し、事務負担を少しでも軽減できる仕組みづくりに努めます。

研修当日の市民、職員の声

アンケートへのご協力ありがとうございました。

このページの先頭へ

「行政評価の取り組み」のトップへ