メニューをスキップしてタイトルへ



[平成20年度]行政評価の取り組み

2008年11月28日、掲載
2009年4月27日、更新(具体的な更新内容)

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
本ページの目次

行政評価システム報告書

平成18年度に開始した行政評価システムの構築は、平成20年度で構築完了しました。

平成20年度の取り組み内容、今後の取り組み、資料などをまとめましたので報告します。(恐れ入りますが、PDFファイルでの掲載とさせていただきます)

「平成20年度 行政評価システム報告書」の目次

上記報告書の目次を掲載しましたので、ダウンロードの参考にしてください。

平成20年度 行政評価システム報告書(本文)

  1. はじめに
  2. 行政評価システム構築に向けた取組
    1. 導入の目的
    2. システム構築のための体制
      1. 推進体制
      2. 第2分科会構成員
      3. 第2分科会の取り組み状況
    3. 職員研修
      1. 行政評価推進研修
  3. 行政評価システムの実施状況
    1. スケジュール
    2. 目的体系化
      1. 施策の体系化
      2. 事務事業の目的体系化
    3. 事務事業評価
      1. 考え方
      2. 業務量算定表
      3. 事務事業評価の実施
    4. 施策評価
      1. 目的と役割
      2. 施策評価の実施
    5. 評価結果の活用
      1. 活用までの流れ
      2. 予算編成への活用
  4. 行政評価システム実施後の課題
    1. 目的体系化
    2. 事務事業評価
      1. 業務量算定表
      2. 事務事業評価
    3. 施策評価
    4. 評価結果の活用
  5. 今後の取り組み

資料編1:事務事業整理シート作成要領

資料編2:『事務事業評価表「市役所の仕事」花まる通信簿』作成要領

資料編3:施策評価表作成要領

このページの先頭へ

行政評価運用研修

行政評価の考え方を分かりやすく解説し、新たな行政マネジメントの考え方、成果志向やコスト志向の醸成を図ることを目的に研修を実施しました。

行政評価運用研修会

月日
10月28日(火曜日)
演題
「変革の時代における自治体経営」
テーマ
予算編成、総合計画策定、行政評価の必要性
会場
金井コミュニティセンター(ホール)
参加者
約116名
講師
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授、稲沢克祐(いなざわ・かつひろ)氏
講義する稲沢氏

稲沢氏による講義。穏やかな口調ですが内容は熱い。

研修会場の様子

ミニテストに汗をかく職員。

聴講する市長

市長も聴講しました。

質疑の様子

行政経営に関する質疑。

おもに係長・主任級の職員を対象に、行政経営ツールとしての行政評価の運用方法、事務事業評価から施策評価、計画立案への活用方法についての認識を深めるとともに、行政経営のマネジメントサイクルとニュー・パブリック・マネジメントの基本原理等を学ぶことを目的に開催しました。

また、この研修会では、行政評価に関するアンケートを行いました。昨年に行ったアンケート結果(昨年は幹部職員及び係長が対象)と比較してお知らせします。

参加状況及びアンケート回収数

 今回の研修会
平成20年10月28日
昨年の研修会
平成19年5月11日
比較
研修参加人数116177△61
アンケート回収数88143△55
回収率75.9%80.8%△4.9%

佐渡市に行政評価システムは必要だと思いますか?

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
必要である55.7%56.9%△1.2%
どちらとも言えない34.1%36.3%△2.2%
必要ない5.7%2.5%3.2%
回答なし4.5%4.4%0.1%

前回と比較し、「必要である」が1.2ポイントダウンし、「必要ない」が3.2ポイントアップしました。

事務事業評価において、重視すべき項目は何だと思いますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
有効性26.7%17.1%9.6%
効率性15.9%19.4%△3.5%
妥当性16.4%18.5%△2.1%
改善の可能性13.8%16.3%△2.5%
必要性・時代度10.8%11.2%△0.4%
今後の方向性14.4%14.3%0.1%
その他1.5%2.0%△0.5%
回答なし0.5%1.1%△0.6%

「有効性」の評価を重視するという回答が多くありました。

行政評価の実施によって、次のどの効果に期待しますか?(複数回答可)

次表を円グラフ化した画像
回答回答率比較
今回昨年
期待しない5.4%2.4%3.0%
事務事業等の見直し38.0%39.8%△1.8%
市民への説明責任の向上17.1%18.7%△1.6%
職員の意識改革37.2%34.7%2.5%
その他0.8%3.2%△2.4%
回答なし1.6%1.2%0.4%

前回の研修時とほぼ横ばいの回答となりました。

本日の研修に対するご意見・ご感想等がありましたらご記入ください。

このページの先頭へ

「行政評価の取り組み」のトップへ