メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

評価方法

[平成18年度:2006年度]「改革宣言2006」事後検証結果(10ページ中:2ページ目)

2007年9月19日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

評価者

佐渡市行政改革推進委員会の委員

評価方法

評価は、部局長のプレゼンテーションを通し推進委員が個別に部局長が作成した改革マニフェストを評価し、評価結果を集計したものを推進委員が審議し最終評価を取りまとめる。その際、推進委員は必要に応じて部局長以外の職員からもヒアリングを行うことができるものとする。

評価項目

評価は、

  1. マニフェスト「改革宣言2006」に掲げた項目が妥当であったか
  2. 実行過程は適切であったか
  3. マニフェスト「改革宣言2006」に掲げた項目が達成されたか
  4. 取り組み後の対応は適切であったか

の4つを評価の視点で評価する。

評価基準

評定基準極めて良好良好平均的問題が見られる極めて問題
評定ABCDE

このページの先頭へ

「『改革宣言2006』事後検証結果」のトップへ