メニューをスキップしてタイトルへ



市民環境部の事後検証結果

[平成18年度:2006年度]「改革宣言2006」事後検証結果(10ページ中:5ページ目)

2007年9月19日、掲載

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

市民環境部による自己評価

今年度の取り組みに対する
部局長のコメント(自己評価)

市税等の取組は口座振替の向上・長期又は悪質者への差し押さえを強化したが、今後広報及びCNSテレビを通して、一層の税負担の公平性の確保を図りたい。

佐渡市地球温暖化対策については、今後実行計画を策定し具体的な行動を示すことに併せ平成20年予定のトキの試験放鳥に向け、ドジョウの養殖やビオトープの整備拡大を推進する必要がある。

一般廃棄物対策については、現状の施策の見直しに着手したが、その方針は新年度となるが合理的・効率的な行政運営を目指す必要がある。

市税等の財源確保

平成18年度目標平成18年度実績自己評価
口座振替率:45%46.10%A
滞納繰越額:5億6,700万円5億1,406万円(5,294万円圧縮)A
市税徴収率:93.1%90.90%A
国民健康保険税徴収率:90.5%87.60%A
介護保険料徴収率:99.1%98.80%A

対応するマニフェスト

地球温暖化対策の取組み

平成18年度目標平成18年度実績自己評価
温室効果ガス総排出量:3万5,352トン3万5,439トンA
注釈
  • 数値は、二酸化炭素換算量。

対応するマニフェスト

トキ野生復帰への取組み

平成18年度目標平成18年度実績自己評価
餌場の整備:10.7ヘクタール9ヘクタールA
トキファンクラブ登録会員:2,000人322人E

対応するマニフェスト

ごみの減量化、再資源化の推進の改革

平成18年度目標平成18年度実績自己評価
ごみ総排出量:2万4,387トン2万5,306トン(前年度より919トン増)A
生ごみ処理機の購入補助台数:150台、普及率:21.3%補助台数:103台、普及率:21.2%B
白色トレイ回収店:20店舗21店舗A
使用済乾電池の分別回収量:14トン20.8トンA

対応するマニフェスト

より詳細な「自己評価」については、平成18年度 市民環境部 改革マニフェスト 自己検証シート(PDF・約20キロバイト)ご覧ください。

行政改革推進委員会による評価

計画の妥当性C
取組過程C
実績C
実施後の対応C
総合C
注釈
  • 各部局長による自己評価は各項目に対して評価しており、佐渡市行政改革推進委員会の評価は取組過程などを含めた全体的な評価です。

計画の妥当性(Plan)

取組過程(Do)

実績(Check)

実施後の対応(Action)

このページの先頭へ

「『改革宣言2006』事後検証結果」のトップへ