メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

選挙管理委員会改革マニフェスト

[平成19年度:2007年度]行政改革マニフェスト「改革宣言2007」(14ページ中:12ページ目)

2007年7月23日、更新(具体的な更新内容)

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2007年7月23日、実績値を記載しました。
本ページの目次

はじめに

佐渡市長、高野宏一郎様

行政改革の一環として、選挙管理委員会事務局では、投開票事務の見直しを行い、公平性、正確性を基本として、さらに迅速性及び効率的・効果的な選挙事務の運営を行っていきます。

選挙管理委員会事務局では上記改革理念と方針に基づき、本年度中に取り組む改革を下記のとおり定め、所管職員一丸となって改革の達成に取り組みます。

選挙管理委員会事務局長、菊地賢一

選挙管理委員会

開票事務の迅速化(集中改革プラン項目:No.7-3)

正確性を基本として開票事務を見直し、効率的で迅速な開票事務を推進することで市民にいち早く選挙結果の公表を行うとともに、コストの削減を図るために、本年度予定しています第21回参議院選挙において開票確定1時間30分を目指して取り組みます。

項目平成16年度実績
(第20回参議院通常選挙)
平成19年度目標
(第21回参議院通常選挙)
開票確定時間5時間48分1時間30分

このマニフェストの実績評価結果

このページの先頭へ

「改革宣言2007」のトップへ