メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

総務部の事後検証結果:自己検証(取組過程と取組後の対応)

[平成19年度:2007年度]「改革宣言2007」事後検証結果

2008年9月20日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

取組過程

取り組みの段階において市民への説明やPRを十分に行ったか。また市民からの質問に対応する方法や体制が確立されていたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

市長へのたより

広報紙で、2回にわたり様式添付のうえ市民周知を図った。また、ミニ集会開催時にも制度の周知に努めた。質問に対する回答方法については、各部課周知済みで対応方法も確立している。

有料広告の掲載

広報等の有料広告の掲載については、平成19年度の取組みとして予算に反映したが、市民への浸透度合は少なかった。

危機管理体制の整備

自主防災の結成については、集落内に入り込む必要があった。

行財政の改革

教育施設や福祉施設の統廃合の市民説明会において、行政改革課も総論の部分で市民説明を実施した。また、各地区の地域審議会で基本的な考え方を説明した。

目標達成に向けた部局内の体制は効果に対し相応な対応であり、かつ万全であったか。(過剰な活動や予算、人員による取組みがなかったか。)

自己評価

C

自己評価について(所見)

平成19年度についても係長以上の部内会議を開催し、4半期毎の進捗状況の報告を求め、部内全体で洗出しを行った。

部局長のリーダーシップのもと、目標達成に向けた所管職員の意識啓蒙や部局内の風土づくりが行われたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

行政改革課が中心となって勝手連的な自発的意見に基づいた組織風土改善に向けた取組みは評価できる。また、各課で随時行われている課内の業務打合せに参加し、部長としての考えを示した。

所管職員が佐渡市行政改革マニフェストの趣旨と内容を十分に理解し、目標の達成に向けて精力的に取り組んでいたか。

自己評価

B

自己評価について(所見)

効率的、効果的な部内会議の開催により、職員間で共通の目標が持つことができた。

目標達成のための行程管理や関係機関等との調整が適切に行われていたか。

自己評価

B

自己評価について(所見)

上記の部内会議及び課題に対する取組状況表により調整を図った。市長、副市長に対しても4半期毎に報告をしている。

このページの先頭へ

取組後の対応

目標の達成に対する効果(アウトカム)の把握、または把握することの手立てをしたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

備品管理体制(電話料)の見直しについては、目標達成の数値を平成20年度予算に反映した。

目標を達成していない項目については、具体的な改善策を計画し、または他の手段により対応したか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

有料広告の掲載については、個別にDM等により周知を図る。

実績と今後の対応について市民に説明を行ったか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

公共施設の今後の方針等について、昨年末に公表し意見を求めている。

取り組みの過程と実績、課題点などについて部局内で話し合われ、所管職員が状況を理解しているか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

総務部内の職員が目標意識を持って業務を推進している。

実績に対する市民の質問や要望に対応する方法を確立したか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

内部管理業務が主体であるので、職員全体のレベルアップを図るよう事務担当者会議を開催する。

このページの先頭へ

「『改革宣言2007』事後検証結果」のトップへ