メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

建設部の事後検証結果:自己検証(取組過程と取組後の対応)

[平成19年度:2007年度]「改革宣言2007」事後検証結果

2008年9月20日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

取組過程

取り組みの段階において市民への説明やPRを十分に行ったか。また市民からの質問に対応する方法や体制が確立されていたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【C】

「行政手続きの簡素化」と「行政手続きの簡素化」については、申請時に日数を示しています。「市営住宅使用料・収納率の向上」については、新規滞納への即時対応と定期的な夜間徴収を実施しています。「事務事業の見直し」については、早急なる修繕に努めています。

下水道課 【D】

水洗化率の向上が下水道整備において一番重要という観点から事業及び工事説明会また接続の促進のため個別訪問や文書配布により下水道事業の啓蒙につとめた、住民の環境や事業に対しての理解を十分に得ることができなかった。

水道課 【B】

水道料金の統一に対し、「お客様対応マニュアル」及び「市民PR」等の対策課内会議を行い、統一したマニュアルを作成し住民説明を行い理解されたと思います。

目標達成に向けた部局内の体制は効果に対し相応な対応であり、かつ万全であったか。(過剰な活動や予算、人員による取組みがなかったか。)

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【C】

「行政手続きの簡素化」と「行政手続きの簡素化」については、事務処理の迅速化に努めました。「市営住宅使用料・収納率の向上」については、夜間徴収について、この取り組みを続け、納付への意識向上に努めます。「事務事業の見直し」については、本庁、支所の連携のもと早期対応に努めました。

下水道課 【C】

担当職員の共通した理解が一番と本庁担当課・支所担当課で会議を開催し普及促進の問題点を把握し地域ごとに目標を設定し取り組んだ。

水道課 【B】

本庁担当課、支所担当課で合同会議を開催し、対応しました。

部局長のリーダーシップのもと、目標達成に向けた所管職員の意識啓蒙や部局内の風土づくりが行われたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【C】

朝礼の実施により、課内全職員に一定の意識啓蒙を図りました。

下水道課 【C】

市職員及び関係業者等にも下水道の意義を強調し推進に努めた。

水道課 【B】

市職員及び給水工事指定店に対し統一料金の意義を説明、理解を得ました。

所管職員が佐渡市行政改革マニフェストの趣旨と内容を十分に理解し、目標の達成に向けて精力的に取り組んでいたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【C】

課内全職員に窓口事務の対応を周知し、担当不在でも適切な対応ができるよ努めています。

下水道課 【C】

取り組んだ。

水道課 【C】

取り組んだ。

目標達成のための行程管理や関係機関等との調整が適切に行われていたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【C】

本庁・支所間或いは上部機関との連携を密にし、迅速かつ正確な事務処理ができるよう努めています。

下水道課 【C】

環境問題という点で佐渡市全体の取り組みが必要だった。

水道課 【B】

大口径25ミリメートル以上の利用者等には、チラシ等を個別に配布し理解を頂きました。

このページの先頭へ

取組後の対応

目標の達成に対する効果(アウトカム)の把握、または把握することの手立てをしたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【B】

行革理念と方針に沿った取り組みにより、概ね達成することができました。

下水道課 【C】

年度途中で実績を確認し目標の達成に努力する。

水道課 【C】

取り組んでいる。

目標を達成していない項目については、具体的な改善策を計画し、または他の手段により対応したか。

自己評価

D

自己評価について(所見)

建設課 【C】

夜間徴収については、他課の徴収担当との連携を密にして収納率向上に向けて励みます。

下水道課 【D】

推進について助成等の方法について制度の充実について検討したい。

水道課 【D】

今後検討したい。

実績と今後の対応について市民に説明を行ったか。

自己評価

E

自己評価について(所見)

建設課 【E】

実施してない。

下水道課 【D】

事業、工事説明会・排水設備工事店の会議にて説明した。

水道課 【E】

実施してない。

取り組みの過程と実績、課題点などについて部局内で話し合われ、所管職員が状況を理解しているか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

建設課 【B】

担当係から課内全職員へ事務内容等を説明する場を設け、職員の意識改革に努めました。

下水道課 【C】

理解している

水道課 【B】

理解している。

実績に対する市民の質問や要望に対応する方法を確立したか。

自己評価

D

自己評価について(所見)

建設課 【D】

確立するよう準備中である。

下水道課 【D】

受益者負担金・分担金、使用料、排水設備工事等について種々要望があり今後検討を要する。

水道課 【B】

市民の質問に対し「統一マニュアル」作成済みである。

このページの先頭へ

「『改革宣言2007』事後検証結果」のトップへ