メニューをスキップしてタイトルへ



消防本部の事後検証結果:自己検証(目標と成果)

[平成19年度:2007年度]「改革宣言2007」事後検証結果

2008年9月20日、掲載

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

応急手当の普及啓発活動の推進

(消防本部)

取り組み内容

人工呼吸や心臓マッサージ及びAED(自動体外式除細動器)の使用方法等、普通救命講習等を通して応急手当の普及啓発を行い、救命率の向上を図るため佐渡市の人口の20%を目標にバイスタンダーの育成に取り組みます。平成19年度は、少年期に防災と命の尊さの意識を育てるため、小・中学生を対象に防災・救急指導講習を実施するとともに、一般市民を対象としたAEDの取扱いを含めた普通救命講習を随時実施します。

対応するマニフェスト

成果指標救命率

自己評価

平成(年度)171819
目標---
実績-5.00%8.00%
目標と実績の
比較
---

活動指標普通救命講習受講者数

平成(年度)171819
目標-550人(1,930人)600人(2,539人)
実績430人(1,380人)559人(1,939人)882人(2,821人)
目標と実績の
比較
-9人282人
注釈
  • カッコ内は累計。

このページの先頭へ

AEDの設置促進

(消防本部)

取り組み内容

不特定多数の人を収容する施設等に応急手当の普及啓発とともに、関係部局と連携し、AEDの設置を促進します。平成19年度は、利用者の多い公共施設等と収容人員300人以上の旅館・ホテル、常時多数の人を収容する中規模以上の物品販売店舗及び遊技場を対象に、次のとおり取り組みます。

対応するマニフェスト

成果指標公共施設におけるAEDの設置台数

自己評価

平成(年度)171819
目標--10基
実績-1基22基
目標と実績の
比較
--12基

活動指標公共施設におけるAED取り扱い説明受講者数

平成(年度)171819
目標--320人
実績-0人183人
目標と実績の
比較
--△137人

成果指標民間施設におけるAEDの設置台数

自己評価

平成(年度)171819
目標--24基
実績-3基10基
目標と実績の
比較
--△14基

活動指標AED設置済の事業所におけるAED取り扱い説明受講者数

平成(年度)171819
目標--100人
実績-46人85人
目標と実績の
比較
--△15人

このページの先頭へ

焼死者防止対策

(消防本部)

取り組み内容

建物火災による死者の9割が一般住宅火災によるものであり、その約半数を65歳以上の高齢者が占めていることから、65歳以上の1人暮らし世帯を対象に、関係機関等と連携を図り、消防職・団員とで防火訪問指導を行い、住宅用火災警報器の設置を推進します。平成19年度は、火災件数の減少を図り、及び焼死者をなくすため、75歳以上の世帯を対象に福祉保健部と調整を図り、消防職・団員とで関係機関の協力を得て防火指導を実施します。

対応するマニフェスト

成果指標火災発生件数(暦年)

自己評価

平成(年度)171819
目標--24件
実績45件51件43件
目標と実績の
比較
--19件

活動指標火災発生による焼死者数(暦年)

平成(年度)171819
目標0人0人0人
実績5人4人6人
目標と実績の
比較
5人4人6人

成果指標75歳以上高齢者が出火原因の火災発生件数(暦年)

自己評価

平成(年度)171819
目標0件0件0件
実績15件5件7件
目標と実績の
比較
15件5件7件

活動指標75歳以上1人暮らし高齢者防火訪問指導件数

平成(年度)171819
目標--1000件
実績58件61件866件
目標と実績の
比較
--△134件

このページの先頭へ

「『改革宣言2007』事後検証結果」のトップへ