メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

全体を通しての評価

[平成19年度:2007年度]「改革宣言2007」事後検証結果

2008年9月20日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

各部局長のマニフェストの取組みについては、努力の跡も伺え評価の高い部分もあったが、改善や検討を要する事項のウエイトが高く、全体的には低い評価結果となった。

このことから、以下の事項について検討を重ね、集中改革プランの更なる取組みの強化並び推進を求める。

項目設定について

取組み項目の設定については、内部の事務改善的な項目ではなく、市民目線に立ち、市民も改革意識を共有し、実感と評価のできる項目の設定を行うこと。

目標設定について

目標値については、達成可能な範囲で設定したものが見受けられるが、あくまでも改革の視点に立ち、ビジョンをもった果敢な目標設定をすること。

目標達成への取組みについて

目標達成に向けては、行革推進本部を機能させ各部局長の強いリーダーシップの下、部局内はもとより直接市民と接する支所も含め、全職員で共通した認識を持ち一丸となった取組みとするための創意工夫を図る気運を早急に醸成すること。

また、改革は行政サイドだけの取組みではなく、市民の理解、協力が不可欠なことから、全体の取組みと併せ各部局においても、市民が関心を持つ斬新な改革の目玉を取り入れたマニフェスト項目の設定と周知を図り、単に削減だけの改革にとどまることなく、選択と実効により行政サービスの維持向上を目指し、時代の変化に対応した新しい佐渡市の形成に向けた意欲ある改革姿勢であることを公表し理解を求めること。

取組み後の対応について

実施項目については、達成した項目、未達成項目に対する事後検証を十分に行い、継続への対応にあたり手段を具体化し、より効果的な取組みを行うこと。

このページの先頭へ

「『改革宣言2007』事後検証結果」のトップへ