メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

総務部の事後検証結果:自己検証(取組過程と取組後の対応)

[平成20年度:2008年度]「改革宣言2008」事後検証結果

2009年12月18日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

取組過程

取り組みの段階において市民への説明やPRを十分に行ったか。また市民からの質問に対応する方法や体制が確立されていたか。

自己評価

D

自己評価について(所見)

市民及び職員等への周知に努める為に、公的施設窓口以外で市民の多く集まり易い施設等に本マニフェストを配置配布したが、効果的な説明が十分果たされたとまでは言えなかった。

目標達成に向けた部局内の体制は効果に対し相応な対応であり、かつ万全であったか。(過剰な活動や予算、人員による取組みがなかったか。)

自己評価

B

自己評価について(所見)

時間外勤務手当の縮減に向けた取組みについては、庁内連絡会議で事前命令の徹底と業務の合理化を図るよう周知した。そのことにより一定の目標達成ができた。

部局長のリーダーシップのもと、目標達成に向けた所管職員の意識啓蒙や部局内の風土づくりが行われたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

行政のコスト低減は職員の意識改革と共通認識が一致することにより達成可能であり、今後もさらに努力したい。

所管職員が佐渡市行政改革マニフェストの趣旨と内容を十分に理解し、目標の達成に向けて精力的に取り組んでいたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

部内会議で四半期毎の達成状況を発表しており、問題点を克服するよう部内の共通課題としている。また、必要に応じて部内朝礼等でも周知を図った。

目標達成のための行程管理や関係機関等との調整が適切に行われていたか。

自己評価

B

自己評価について(所見)

各庁内会議等での周知並びに部内会議で問題があれば関係部局で調整を図っている。

このページの先頭へ

取組後の対応

目標の達成に対する効果(アウトカム)の把握、または把握することの手立てをしたか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

公有財産の処分及び施設の解体については販売金額の結果により把握している。 部内会議等にて四半期毎にそれぞれの進捗管理を努めた。

目標を達成していない項目については、具体的な改善策を計画し、または他の手段により対応したか。

自己評価

C

自己評価について(所見)

各庁内会議及び、庁内GW等で周知徹底を図った。また、有料広告の募集が広報紙の届く範囲で限定されているのでネットを活用し広く募集するよう検討した。

実績と今後の対応について市民に説明を行ったか。

自己評価

B

自己評価について(所見)

公共施設の見直しについては市民に公表し意見を求めているが周知の方法等についても改善していきたい。

取り組みの過程と実績、課題点などについて部局内で話し合われ、所管職員が状況を理解しているか。

自己評価

B

自己評価について(所見)

職員が広く全体の状況を把握できるよう定期的に部内会議を開催している。

実績に対する市民の質問や要望に対応する方法を確立したか。

自己評価

D

自己評価について(所見)

総務部は内部管理業務が主であるが、職員全体に対する応対研修を実施する。

このページの先頭へ

「『改革宣言2008』事後検証結果」のトップへ