メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

市民環境部の事後検証結果:総評

[平成20年度:2008年度]「改革宣言2008」事後検証結果

2009年12月18日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

今年度の取り組みに対する
部局長のコメント(自己評価)

積極的な対応ができた目標となかなか目標に達しない目標がある。また実績が来年度以降に表れるものもあるので期待したい。

良かった点

事務事業評価等の関連など、他の分野との関わりについて職員意識が高まった。

悪かった点

すべてに行動が遅い。

改革項目

  1. 窓口サービスの充実
  2. 市税等の財源確保
  3. 地球温暖化対策の取組
  4. グリーン購入の推進
  5. トキ野生復帰への取組
  6. ごみの減量化及び再資源化の推進
  7. し尿処理手数料収納率の向上

行政改革推進委員会による評価結果

Plan
計画の妥当性
C
Do
取組過程
C
Check
実績
C
Action
実施後の対応
D
総合D

行政改革推進委員会のコメント

Plan
計画の妥当性
  • 窓口サービスの充実については、アンケート調査に止まらず、あらゆる機会に市民の生の声を直接聞くことが重要であり、信頼関係も深まり、理解と協力が得られることから調査方法の検討を要する。
  • 掲げた項目の内容が市民に直結したもので、部長の改革への志が示されている。ただし、一部の項目については、もう少しハードルを高くして目標達成に挑戦してほしい。
Do
取組過程
  • 自己検証でも自認のように、部内全職員に課題等が徹底できなかったことは重大な問題であり、早期改善を要す。
  • リーダーシップを発揮し残された期間の中で効果を上げるためにも一体となった取組を求める。
Check
実績
  • 世界規模での経済不況下で国内はもとより、離島佐渡はとりわけ厳しい環境ではあるが、住民の公平な義務及び財源確保は重要である。市税等の徴収率はいずれも前年実績を下回っており一層の努力を望む。
Action
実施後の対応
  • 自己検証からも部内職員間の理解、意欲が伝わってこない。恒常的、なれ合いとならず、原点に帰って幹部職員はもとより職員全体で前向きに取り組む気運の醸成を再度確認する必要がある。
  • 「すべてに行動が遅い」組織風土を変えるべき。部長のリーダーシップに期待する。
  • 市民に対して、効果や今後の取組等を積極的に周知するべきである。

このページの先頭へ

「『改革宣言2008』事後検証結果」のトップへ