メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

市民環境部の事後検証結果:自己検証(目標と成果)

[平成20年度:2008年度]「改革宣言2008」事後検証結果

2009年12月18日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

窓口サービスの充実

(市民課)

取り組み内容

市民及び職員アンケートにより目標となるサービス項目を検討し、「月間目標」を定め、これを窓口に掲示するとともに、市民からの指摘や評価を毎月職員に紹介し、職員一人ひとりが問題点を意識し、サービス・マナー向上に全庁一丸となって取り組みます。

対応するマニフェスト

成果指標窓口アンケートの満足度率

自己評価

平成(年度)181920
目標-100%100%
実績-65.40%73.50%
目標と実績の
比較
-△34.6%△26.5%

活動指標本庁・支所・施設にアンケート回収数

平成(年度)181920
目標--300枚
実績-107枚491枚
目標と実績の
比較
--191枚

このページの先頭へ

市税等の財源確保

(税務課)

取り組み内容

市税の収納率について、1.0ポイント向上を目標とします。国民健康保険税の収納率について、1.2ポイントの向上を目標とします。介護保険料の収納率について、0.3ポイントの向上を目標とします。

対応するマニフェスト

成果指標市税の収納率

自己評価

D

平成(年度)181920
目標93.10%91.80%92.00%
実績90.90%90.10%88.90%
目標と実績の
比較
△2.2%△1.7%△3.1%

成果指標国民健康保険税の収納率

自己評価

平成(年度)181920
目標90.50%88.80%89.00%
実績87.60%87.40%82.10%
目標と実績の
比較
△2.9%△1.4%△6.9%

成果指標介護保険料の収納率

自己評価

C

平成(年度)181920
目標99.10%99.10%99.20%
実績98.80%98.60%98.50%
目標と実績の
比較
△0.3%△0.5%△0.7%

活動指標1財産調査件数

平成(年度)181920
目標-1,500件1,700件
実績10,518件1,761件10,800件
目標と実績の
比較
-261件9,100件

活動指標2差押え件数

平成(年度)181920
目標-15件100件
実績14件10件63件
目標と実績の
比較
-△5件△37件

このページの先頭へ

地球温暖化対策の取組

(トキ共生・環境課)

取り組み内容

「佐渡市地球温暖化対策実行計画」に基づき、市の事務・事業に伴う温室効果ガスの排出削減に取り組み、平成20年度は、平成17年度比(基準年)で1,574トン-CO2の温室効果ガス排出量削減を目標とします。

対応するマニフェスト

成果指標温室効果ガス総排出量

自己評価

B

平成(年度)181920
目標35,352トン34,991トン34,500トン
実績35,439トン35,000トン34,500トン
目標と実績の
比較
△87トン△9トン0トン
注釈
  • 数値は二酸化炭素換算の量を示します。

活動指標市関連施設の電気使用量

平成(年度)181920
目標--26,305メガワット
実績27,774メガワット26,842メガワット28,500メガワット
目標と実績の
比較
--2,195メガワット

このページの先頭へ

グリーン購入の推進

(トキ共生・環境課)

取り組み内容

再生紙や再生品など、環境に負荷の少ない「環境にやさしい製品・サービス」の調達を進めます。物品等の種類毎に材質等が異なるため、調達の判断基準は市で調達する物品等18分野170品目毎に設けます。平成20年度は、平成17年度比(基準年)で7%の調達率増を目標とします。

対応するマニフェスト

成果指標グリーン購入調達率

自己評価

平成(年度)181920
目標83.00%90.00%90.00%
実績81.00%81.00%81.00%
目標と実績の
比較
△2.0%△9.0%△9.0%

活動指標紙類におけるグリーン購入調達総重量

平成(年度)181920
目標--52,540キログラム
実績57,016キログラム54,165キログラム70,000キログラム
目標と実績の
比較
--17,460キログラム

このページの先頭へ

トキ野生復帰への取り組み

(トキ共生・環境課)

取り組み内容

今秋のトキ試験放鳥に向け、休耕田等を対象としたトキビオトープ整備事業を推進するほかトキの野生復帰をサポートする佐渡トキファンクラブ会員の増加を目指します。

対応するマニフェスト

成果指標ビオトープの整備

自己評価

平成(年度)181920
目標9.0ヘクタール15.6ヘクタール25.0ヘクタール
実績9.0ヘクタール16.9ヘクタール28.5ヘクタール
目標と実績の
比較
0ヘクタール1.3ヘクタール3.5ヘクタール

活動指標トキビオトープ整備事業申請件数

平成(年度)181920
目標-20件22件
実績-16件22件
目標と実績の
比較
-△4件0件

成果指標冬期たん水の推進

自己評価

平成(年度)181920
目標-17.5ヘクタール40.0ヘクタール
実績-30.7ヘクタール67.5ヘクタール
目標と実績の
比較
-13.2ヘクタール27.5ヘクタール

成果指標佐渡トキファンクラブ登録会員数

自己評価

C

平成(年度)181920
目標2,000人2,000人3,000人
実績324人2,200人2,671人
目標と実績の
比較
△1,676人200人△329人

活動指標1メルマガ発行回数

平成(年度)181920
目標-12回12回
実績-12回9回
目標と実績の
比較
-0回△3回

活動指標2プレゼント企画回数

平成(年度)181920
目標-12回12回
実績-12回9回
目標と実績の
比較
-0回△3回

このページの先頭へ

ごみの減量化、再資源化の推進

(廃棄物対策課)

取り組み内容

ごみの分別収集の拡大及び再資源化を推進するため、平成21年度実施に向け、実施計画の策定を目指します。ごみ総排出量を平成19年度の処理実績から900トンの減量を目指します。

対応するマニフェスト

成果指標ごみ総排出量

自己評価

平成(年度)181920
目標24,387トン24,234トン24,000トン
実績25,306トン24,900トン24,300トン
目標と実績の
比較
△919トン△666トン△300トン

成果指標リサイクル率

古紙の集団回収及び発泡スチロールのリサイクルを推進するなど、リサイクル率の向上を図ります。

自己評価

B

平成(年度)181920
目標-17.00%18.00%
実績15.60%17.00%18.10%
目標と実績の
比較
-0.00%0.10%

活動指標集団古紙回収量

平成(年度)181920
目標-1,372トン1,380トン
実績1,295トン1,319トン916トン
目標と実績の
比較
-△53トン△464トン

成果指標マイバック持参率

平成19年度開始した「レジ袋ゼロ運動」を引続き実施し、協力店舗の拡大及びマイバッグ運動を推進し、マイバッグ持参率90%を目指します。

自己評価

平成(年度)181920
目標-80.00%90.00%
実績-80.00%85.00%
目標と実績の
比較
-0.00%△5.0%

活動指標レジ袋ゼロ運動加盟店数

平成(年度)181920
目標-195店舗203店舗
実績-195店舗195店舗
目標と実績の
比較
-0店舗△8店舗

成果指標使用済み乾電池の分別回収量

使用済み乾電池の回収について、ホームページ及び広報誌を通じ0.7トン増の23.0トンの分別回収を目指します。

自己評価

平成(年度)181920
目標14.0トン22.0トン23.0トン
実績20.8トン22.3トン18.0トン
目標と実績の
比較
6.8トン0.3トン△5トン

活動指標乾電池取扱店数

平成(年度)181920
目標96店舗97店舗98店舗
実績96店舗97店舗95店舗
目標と実績の
比較
0店舗0店舗△3店舗

このページの先頭へ

し尿処理手数料収納率の向上

(廃棄物対策課)

取り組み内容

口座振替制度の推進、収納委託員との連携強化及び職員による年3回の夜間徴収を実施するなど新たな滞納者の発生防止に努め、し尿処理手数料収納率1.4ポイントの向上を目指します。

対応するマニフェスト

成果指標し尿処理手数料の収納率

自己評価

C

平成(年度)181920
目標--100%
実績98.00%98.60%99.00%
目標と実績の
比較
--△1.0%

活動指標夜間徴収回数

平成(年度)181920
目標--3回
実績-1回1回
目標と実績の
比較
--△2回

このページの先頭へ

「『改革宣言2008』事後検証結果」のトップへ