メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

農業委員会事務局の事後検証結果:自己検証(目標と成果)

[平成20年度:2008年度]「改革宣言2008」事後検証結果

2009年12月18日、掲載

企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

地域特性を活かした産業の振興

(農業委員会事務局)

取り組み内容

地域の担い手への農業経営改善計画の作成による経営規模の拡大、生産方式並びに経営管理の合理化、農業従事の様態の改善目標達成のため農業関係機関による担い手育成支援協議会が支援・協力による取組みと、併せて認定農業者等の担い手に農地の利用集積に向け農業委員による土地の仲介や相談・支援を実施します。特に水田経営所得安定対策への加入支援については重点活動とします。

対応するマニフェスト

成果指標水田経営所得安定対策の加入面積

自己評価

B

平成(年度)181920
目標-2,468ヘクタール2,468ヘクタール
実績1,616ヘクタール2,210ヘクタール3,710.6ヘクタール
目標と実績の
比較
-△258ヘクタール1,242.6ヘクタール

活動指標認定農業者への集積促進

平成(年度)181920
目標650ヘクタール650ヘクタール650ヘクタール
実績590ヘクタール730ヘクタール675ヘクタール
目標と実績の
比較
△60ヘクタール80ヘクタール25ヘクタール
注釈
指標の算式等
農業経営基盤強化促進法による利用集積の促進

このページの先頭へ

成果指標遊休農地面積

自己評価

C

平成(年度)181920
目標--350ヘクタール
実績-360ヘクタール358.5ヘクタール
目標と実績の
比較
--8.5ヘクタール

活動指標農地パトロールによる実態把握

平成(年度)181920
目標2回2回2回
実績2回2回2回
目標と実績の
比較
0回0回0回
注釈
指標の算式等
パトロール重点地区を設定し、現地確認を前期・後期の2回実施

このページの先頭へ

「『改革宣言2008』事後検証結果」のトップへ