メニューをスキップしてタイトルへ



選挙管理委員会の事後検証結果:自己検証(目標と成果)

[平成21年度:2009年度]「改革宣言2009」事後検証結果

2010年12月17日、掲載

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの目次

開票事務の迅速化

(選挙管理委員会事務局)

取り組み内容

市民にいち早く選挙結果の公表を行うために、正確性を基本とした効率的で迅速な開票事務を目指し、開票事務を見直し、その改善策による事務従事者説明会での説明の徹底を図ることにより、衆議院小選挙区選出議員選挙、衆議院比例代表選出議員選挙における開票確定時間の短縮に取組みます。

対応するマニフェスト

成果指標衆議院小選挙区選出議員選挙

自己評価

D

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標--1時間30分1時間30分1時間30分1時間30分
実績-3時間30分-2時間2時間2時間
目標と実績の
比較
---30分30分30分

活動指標1開票事務職員及び開票立会人への説明の回数

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標-1回1回1回1回1回
実績-1回0回1回1回1回
目標と実績の
比較
-0回△1回0回0回0回

成果指標衆議院比例代表選出議員選挙

自己評価

D

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標--2時間2時間2時間2時間
実績-4時間-2時間10分2時間10分2時間10分
目標と実績の
比較
---10分10分10分

活動指標1開票事務職員及び開票立会人への説明の回数

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標-1回1回1回1回1回
実績-1回0回1回1回1回
目標と実績の
比較
-0回△1回0回0回0回

このページの先頭へ

投票率の向上

(選挙管理委員会事務局)

取り組み内容

投票率の向上に向けて、投票の啓発に努め、チラシの配布、広報、CATV等の媒体をとおして市民に解りやすい啓発周知に取組みます。

対応するマニフェスト

成果指標投票率(小選挙区)

自己評価

C

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標------
実績-77.81%-78.0%78.0%78.0%
目標と実績の
比較
------

活動指標1啓発チラシの配布

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標-1回1回1回1回1回
実績-1回0回1回1回1回
目標と実績の
比較
-0回△1回0回0回0回
注釈
指標の算式等
選挙日及び期日前投票の周知のチラシを内容を精査し全戸配布する

活動指標2広報車による街宣放送

平成(年度)192021
6月9月12月最終
目標-2回3回3回3回3回
実績-2回0回5回5回5回
目標と実績の
比較
-0回△3回2回2回2回
注釈
指標の算式等
市内市街地を中心に広報車による選挙の周知

このページの先頭へ

「『改革宣言2009』事後検証結果」のトップへ