メニューをスキップしてタイトルへ



平成24年度 第4回 佐渡市行政改革推進委員会会議 結果

2013年4月23日、掲載

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

日時
平成25年3月28日(木曜日)13時30分〜17時10分
場所
佐渡市役所 第6会議室
出席者

11人(事務局含め)

  • 推進委員(6名):会長(西川委員)、職務代理(臼杵委員)、委員(伊東委員・野口委員・橋本委員・加藤委員)
  • 市役所:事務局(行政改革課職員5名)
内容
  1. 開会
  2. 会長あいさつ
  3. 議事
    1. 平成24年度 集中改革プランの答申書の作成について
    2. その他
  4. 閉会

開会

行政改革課長から会議の開会

会長あいさつ

西川会長より挨拶

議事

西川会長より進行

平成24年度 集中改革プランの答申書の作成について

平成24年度 集中改革プランの進捗管理に関する答申書(案)について審議しました。

注釈

「2-2:事務事業の再編・整理」について

2-2:事務事業の再編・整理

委員意見
委員

答申案に「指導すべき」という言葉があるが、行政改革課にその権限はあるのか。

事務局

基本的には、課は横並びの関係です。

委員

行政改革課に行政改革を進めるための一定の権限を持たせるよう提言すべきではないか。

「2-3:補助金の見直し」について

2-3:補助金の見直し

行政改革課への委員意見
委員

補助率の高い事業はありますか。

事務局

行革課としては、原則50%補助以内と考えているが、70%、80%補助というものもあります。

委員

補助率が高いことを全面に出して、補助事業の活用の促進ができるのに、PRが少ない。市民も知らない。

地域振興課への委員意見
委員

補助団体のリスト化やホームページへの掲載が、どう費用対効果につながるのか。

委員

参加者の増加や活動団体の後継者育成につながるのではないかと考えられる。

交通政策課への委員意見
委員

交通政策としての事業法人に対する努力をもっと表に出しても良いのではないか。

委員

市民の航路・航空路利用促進のため、市の補助が実施されている言葉にすべき。

「7-2:外郭団体等の見直し」について

7-2:外郭団体等の見直し

社会福祉課への委員意見
委員

社会福祉協議会への監査は実施しているので、効率的な法人運営となるよう行政として更なる指導が必要ではないか。

観光商工課への委員意見
委員

市が佐渡の観光に対して助言できるのは、集客・おもてなしの部分である。

委員

市がおもてなしを理解しているとは思えないし、観光のPRの仕方が悪い。

「8-2:支所等出先機関の統廃合による機能の充実」について

8-2:支所等出先機関の統廃合による機能の充実

委員意見
委員

地区公民館が地域住民と離れてきている。

事務局

地域活性化等の文言を入れてはどうでしょうか。

「8-3:各種委員会や諮問機関等の見直し」について

8-3:各種委員会や諮問機関等の見直し

委員意見
委員

昨年度は、あまり取組状況は見られなかったが、今回は取組が感じられた。

委員

法令上、休止している委員会等もあったようだ。

「9-4:人事考課制度の適切な運用」について

9-4:人事考課制度の適切な運用

委員意見
委員

考課者研修は、被考課者も受講させるべき。一般職員の参加が少ないようなので、参加するよう働きかけてもらいたい。

委員

考課者研修等の回数、参加者数を示せるようにしてもらいたい。

委員

研修回数が少ないのであれば増やすよう、努めてもらいたい。

「12-2:広聴機能の充実」について

12-2:広聴機能の充実

委員意見
委員

地域の広聴機能を充実させるべきである。

委員

広聴機能が充実するよう、インターネットなども含めた総合的なシステムの構築をお願いしたい。

委員

ラジオを聞く習慣がある世代と無い世代がある。

委員

地域によって温度差があり、ミニ集会などの開催に積極的な地域とそうでない地域がある。

「12-3:地域コミュニティ活動の推進」について

12-3:地域コミュニティ活動の推進

委員意見
委員

地域支援の取組については、申請書類の書き方など具体的な文言とすべき。

全体のまとめについて

委員意見
委員

行政改革を進めるために行政改革課に指導的権限を持たせるよう提言すべきである。

委員

行政改革推進委員会が立ちあがって7年間に審議し、積み上げてきたものを今後も引き継がれるよう提言すべきである。

答申書作成後、16時30分から市長応接にて西川会長から甲斐市長へ平成24年度 集中改革プランの進捗管理について答申書を手渡しました。

その他

特に審議事項はありません。

閉会

職務代理より、閉会の挨拶

このページの先頭へ

「平成24年度の行革推進委員会」のトップへ