メニューをスキップしてタイトルへ



6. 経営資源の有効活用

第3次 集中改革プラン(平成27年3月策定)(13ページ中:7ページ目)

2015年3月23日、掲載
2017年2月14日、更新(具体的な更新内容)

企画財政部 企画課 行革推進係(0259-63-3802)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2017年2月14日、各数値目標の実績値に、最新の数値を追加掲載しました。
本ページの目次

6-1 : 普通財産の有効活用

現状・課題
遊休地・遊休施設の処分を積極的に進めるとともに、学校・保育園など施設の統廃合に係る不用財産の有効活用を全庁的な課題として検討し、早急にその方向性を見出す必要があります。
実施内容
未利用市有地の処分、遊休施設の利用目的の転換や処分を進めます。
実施効果
行政運営の効率化と経費の節減が見込まれます。

取組項目

平成(年度)25262728293031担当課
1遊休地・遊休施設の処分の推進
(解体・譲渡・借地返還)
実施実施実施実施実施実施実施財務課

数値目標

平成(年度)25262728293031担当課
1遊休地の処分件数(解体・譲渡・借地返還)計画--1010101010財務課
実績9146    
2遊休施設の処分件数(解体・譲渡・借地返還)計画--1010101010財務課
実績2383    

このページの先頭へ

6-2 : 借地の解消

現状・課題
借地の基準がなかったため、契約単価の基準を作成しました。今後も維持していかなければならない施設については、計画的に借地の解消を推し進める必要があります。
実施内容
借地解消にあたっては、購入費と借地料の経済比較や遊休市有地との交換等、総合的に検討し取組みます。
実施効果
受益や負担の公平性が図られ、管理コストの削減が見込まれます。

取組項目

平成(年度)25262728293031担当課
1借地解消の推進実施実施実施実施実施実施実施関係課

数値目標

平成(年度)25262728293031担当課
1高齢福祉施設の借地数
(4月1日現在)
計画--32222高齢福祉課
実績3332   
2バス停用地の借地数
(4月1日現在)
計画--33222交通政策課
実績4433   
3火葬施設の借地数
(4月1日現在)
計画--22000環境対策課
実績2222   
4廃棄物処理施設の借地数
(4月1日現在)
計画--109888環境対策課
実績10101010   
5保育園施設の借地数
(4月1日現在)
計画--1918181414社会福祉課
実績20191919   
6商工業関連施設の三者間契約数
(4月1日現在)
計画--11110産業振興課
実績3111   
注釈
  • 平成27年度の実績値は、平成28年4月1日現在の数値であるため、平成28年度の実績値欄に記載されています。

このページの先頭へ

「第3次 集中改革プラン」のトップへ