メニューをスキップしてタイトルへ



用語解説「は行」

2007年2月26日、掲載

行政改革課(0259-63-3111)

本ページの目次

パブリックコメント

公衆(市民)の意見のことです。パブコメと省略して使われる場合が多いです。特に「パブリックコメント手続(制度)」における意見公募に対し寄せられた意見を指し、意見公募の手続そのものを指す言葉として使われる場合もあります。また、「パブリックコメント手続(制度)」とは、行政が政策等を決定するにあたり、素案を広く市民に公表し、意見を聞いて、それを考慮しながら最終決定を行う仕組みのことです。

普通会計(ふつうかいけい)

自治体間の比較が可能となるように地方財政統計(決算統計)上、統一的に用いられる会計の区分で、一般会計と公営企業会計以外の特別会計を合算し、会計間のお金の移動を除いたものです。

普通交付税(ふつうこうふぜい)

地方交付税の主となるもので、その総額は地方交付税総額の94%に相当します。普通交付税は、行政運営のために必要な経費から、収入を引いた差額が交付され、市役所にはかかせないお金です。原則として、4月と6月に前年度実績を基礎にして概算交付され、毎年度8月31日までに交付額が決定し、9月と11月に残りの2分の1ずつが交付されます。

ベンチマーク

測量の水準点・基準点の意味で、価値判断の基準です。行政では、政策・施策の目標値を設定し、目標値と現状を比較することで改革、改善を図る経営手法として使われます。

このページの先頭へ

用語解説の索引(目次)へ