メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

漏水にともなう上下水道料金の負担を軽減します

2018年2月 検針分(2018年1月の使用量)

2018年2月12日、掲載

建設部 上下水道課(水道)(0259-55-3173)

1月下旬の寒波により宅内水道管からの漏水が相次いだため、多くのご家庭で、水道水の使用量が通常よりも多くなっているものと思われます。

そこで、皆様のご負担を軽減するため、緊急の措置として、2月分の水道水 請求額を次の方法で算出することにしました。

2018年2月分の水道水 請求額の算出方法

下記「1」から「3」を比較して、最も少ないものを2018年2月分とし、ご請求します。

  1. 2018年2月 検針分(2018年1月の使用量)
  2. 前年 同月 検針分(2017年1月の使用量)
  3. 前月 検針分(2017年12月の使用量)

減免申請は不要です。また、漏水被害がなかったご家庭も上記の方法で算出します。

問合先

建設部 上下水道課 業務係(電話:0259-55-3123)

このページの先頭へ

「大規模水道管凍結被害(2018年)」のトップへ