佐渡の文化財

新穂村史(非売品)

  • 編集:新穂村史編さん委員会
  • 発行:新潟県佐渡郡新穂村
  • 発行日:昭和51年3月20日

目次

序文   新穂村長 河原 治一
はじめに
  村史編さんの歴史-村史編さんの組織-目的-新穂村の成立-時間的に見て-問題点-村史は誰が作ったか
口絵
本編
一、新穂村文化のあけぼの
  縄文の文化-新穂の縄文遺跡-大野川ぞい-加茂湖ぞい-稲作のはじまり-弥生遺跡-玉作る人々-A地区-B地区-C地区-D地区-「玉」の製作工程-大荒木直-玉作りのゆくえ
二、古墳時代の集落
  土師器から須恵器の文化-古代と川-須恵器-古墳-円墳-国仲の古墳-えぞが平古墳
三、日枝社庄園
  大野郷-日枝社庄園-庄園の宗教-承久の変と日吉社庄園-庄園の港-庄園の押領-園城寺の進出-日吉神社の祭り-山王の祭り-村の動揺・祭りの動揺
四、垣ノ内
  庄園の村落-垣ノ内の標準-組と垣ノ内-町じゅう垣ノ内-平城じゅう垣ノ内-半田辻じゅう垣ノ内-下石橋じゅう垣ノ内-棚田じゅう垣ノ内-上石橋じゅう-野町じゅう垣ノ内-新田じゅう垣ノ内-高野じゅう垣ノ内-池田じゅう垣ノ内-野方じゅう垣ノ内-無常堂じゅう垣ノ内-垣ノ内の開発
五、城と家臣団
  村内の城-武井の城-青木の城-瓜生屋の城-潟上の城-谷塚の城-大野の城-下村の城-舟代の城-皆川の城-井内の城-新穂の城-北方の城-長畝の城-弐方潟の城
六、銀山と港
  新穂滝沢銀山の場所-銀山の開発-天正期-慶長期-江戸時代-銀山の間歩-鉱穴のようす-銀山経営の形態-銀山経営の機構-鉱山集落-山師と労働者-勝広寺と修験-銀山の港と街道
七、検地と年貢
  慶長検地-元禄検地-中使のはなし-村のなりたち-年貢-元禄検地のしらべ-地名-年貢の増加-一揆-天保の事変
八、村のしくみ
  青木村のこと-組の結合-善光寺村-村人たち-大野村-村のしくみ-小前百姓の台頭-長百姓同志の争い-株の売買-田畑の売買や分家のはなし-村のおきて-村明細帳-コウゾ-村と奉行所-村と個人、水替人足-村の分合
九、山の歴史
  山と生活-元禄の山-山の名称-山元と山子-山の種類-百姓持山-入会山-山の樹種-漆木-ヒョウビ-山の問題-山の保護-近代の山-明治の入会山-林野統一-御料林払下げ-植林事業-戦争と山ー植林の復興-新穂村森林組合-国有林-くね木-秣場-その他-とき
十、川の歴史
  川の歴史-新穂川-大野川-天王川-水利慣行-新穂川用水慣行-大野川用水慣行-行谷川-天王川-皆川の大堰-溜井-無常堂堤-清水平堤-潟上溜池-大野堤-新穂ダム-川普請-川の漁業-国府川水害予防組合
十一、村の手工業
  手工業と新穂村-番匠-①佐藤重右エ門家-②江戸中期の番匠-③大野日吉神社-④潟上の番匠関口家-⑤大工の分業-⑥各村々の番匠-彫り師-①一度照造-②鬼の面と一透-漆塗り-鍛冶-瓦屋-その他の職人-石屋-桶屋-たばこ刻み-紙すき-油しめ-木挽-屋根ふき-畳屋-紺屋-提灯屋-ろうそく造り-もこさらえ造り-鈴つくり-かつを織り-竹細工-土臼つくり-から傘つくり-下駄屋-しゅろ縄-指物師-職人と芸-植木屋
十二、村のくらし
  くらしと住い-標準の家-主屋-勝手のちがう家-家の境-けいどう-通りながや-なやとくら-土蔵-井戸と流し-ハシリ-オロケ-古い家-二階建-町すじの家-家具とくらし-たんす長びつ-戸棚-帳ダンス-嫁入りタンス-たんす作り-船ダンス
十三、年中行事
  年中行事-松迎え-のんぱき-せっき市-おおとし-おお正月-五日の水-初寅-歯がため-しごとはじめ-はつ夢-六日の年越し-ななくさ-寒ねんぷつ-松おさめ-四条大日-くら開き-そめ粥-とうどや-せいのかみ祭り-道具の年とり-めえだま-木責め-鳥追い-初えべす-初天神-春祈祷-忌みの日-節分-寒だめし-山の神-天王縁日-やせごま-おなごの節供-社日さん-ひがん-瓜生屋祭-武井祭-長畝祭-内巻祭-しゃかの日-島祭-皆川祭-八王子祭-大野日吉祭-舟下日吉祭-正明寺祭-山王祭-男の節供-ひやっか念仏-天王祭-善光寺市-沖念仏-北方天神祭-新穂天神祭-塚原市-虫ぼし-東光院市-地蔵まつり-舟下天神祭-湖鏡庵縁日-番出の観音縁日-墓そうじ-馬場の薬師縁日-盆市-盆-舟下八幡祭-円通寺観音縁日-樹林寺弘法大師縁日-大野諏訪祭-風の神祭り-秋葉山祭り-青木祭-大野・北方諏訪祭-潟上神明祭-山王乙祭-いのこ-こいばし納め-ひぼ落し-えびす講-大師講
十四、近世の学問と文化
  近世まで-文献によれば-行政の面から-近世の文教政策-本間黙斎-犁雨村舎の建設-太田熊山-河原益斎-大野村の学者-辻守遊-円山溟北-本間快浄-女子の教育-近世の文学-連歌-和歌-俳諧-生花-絵画書道-金太郎焼-医療-渡辺夏丸-本間周行-後藤呉山-河原桃水-岩佐玄的-一般芸能-人形芝居-のろま人形-芝居等-スポーツ-相撲の名のり-力持-踊り-念仏おどり-労作唄-生活文化-水車の普及-酒造業
十五、寺とやしろ
  村の信仰-阿弥陀信仰-十王堂-東光院子王権現-十二さん-八幡さん-熊野権現-毘沙門天-白山神社-津留祇神社-青木の信仰-内巻の寺-長畝の寺社-潟上の寺社-湖鏡俺-瓜生屋の善光寺-大日堂-上新穂の阿弥陀堂-青木の円慶堂-えびす大黒信仰-講と民間信仰-大悲山世尊院-無量山栄法寺-酒井山浄賢寺-医王山薬王寺-藤巻の堂-立庵のお太子さん-地尊-新穂地域の浄土真宗-立蓮寺-湊勝広寺-佐渡の雑賀衆-養専寺-皆川の堂-正明寺観音堂-田野沢菩薩寺-大野の寺-清水寺-樹林寺-根本寺-弘樹寺-神宮寺-山王十二坊-舟城寺-天理教-修験道
十六、明治からの農業
   明治初年の諸改革-行政区の改革-戸籍の編制と四民平等-地租改正と地主の登場-地主と小作-小作農-小作契約-小地主の生活-自作農民の登場-農作業-田打ち-肥料-田植-除草や品種のことなど-稲刈り-稲扱き-改良農機登場-臼摺り   -精米-稲作と土用-虫供養の行事-牛馬耕の登場-動力用農機-耕地整理-開拓-茨野の開拓-武士の廃業と茨野開拓-源太平開拓-満蒙開拓-農業のその他-農業指導機関-産業組合-米価の変動-冬のくらし-農業共済制度-加茂湖のかき
十七、農地改革
  農地改革-新穂村における農地改革
十八、交通と商業
  唯一の十字路村-船の交通-相川道-もう一本の道-横宿線-国仲線-南線-年貢の道-山越え道-市と縁日-家の移動-五日市-新穂町の発展-料理店-商圏-新穂村商工会
十九、明治からの文化、教育の動向
  衣の生活-食の生活-住の生活-保健厚生-保育所-商業風景-掛け売り-農業の労力-工業と職人-家庭生活のうつり変り-部落の生活-村民生活-公民館活動-図書館-青年団-婦人会-老人クラブ-PTA-婦人学級-消防活動-政党活動-御紋菓事件-職務管掌-選挙-村民運動会-品評会-男女の交際-新正月-人力車-客馬車-ハイヤーバス-自家用車-自転車-オートバイ-荷物の運搬-郵便-電話-有線放送-道路-ことばのうつり変り-芸能行事における文化活動-文弥人形とのろま説教人形-鬼太鼓-謡と能楽-かぶき-踊り-生花-茶の湯-書道-絵画-詩歌俳句-土田兄弟-信仰のあり方とうつり変り-家庭・社会における教育-くらしの中の教え-学問の昔と今-学校の変遷-佐渡農学校-補習教育-私塾-戦争の文化に対する影響-女性の変化-時間と文化-公徳心-戦争
二十、村々の歴史
  村の特徴-俳句に表われた村々-元禄検地帳から見た村々-人口戸数から見た村々-皆川村-舟下-新穂村-武井村-大野村-井内村-瓜生屋村-青木-正明寺村-田野沢村-潟上-長畝-北方-新穂町-生椿
二十一、村の文化財
  文化財保護条例-指定された文化財
二十二、村の現状と展望
  現況-短期的の見通し-行政地域の問題-人口の問題-産業の問題-商業の問題-観光の問題-村民性
参考させていただいた書名

おわりに
村史の対象-正確度-文字文章-価値判断-村史編さん-資(史)料-責任ということ
資(史)料編
一、新穂村内世帯の概況
二、戦没者芳名簿
三、元禄検地帳による地名調
四、村内に見る近世及び近代(明治時代)の蔵書調
五、山王祭関係
六、寛延一揆訴状関係写
七、慶安御触書
八、御仕置五人組帳
九、境内屋敷並に田畑書上帳(寛政十二年大野清水寺)
十、元禄検地帳に見る新穂村の社と寺
十一、往来手形の例(安政六年・弘化二年)
十二、銀山関係古文書(寛文十年・明暦三年)
十三、新穂村の家紋の概要付家紋の図
十四、新穂村の姓の概要
十五、各種「銘」類の一部
十六、歴代村長名簿
十七、潟上村下組調べの一部(地字調べ・家名調べ)
十八、近世及び明治初期の各村職業調
十九、近代学校教育の沿革
二十、新延寺(山王別当寺)と国分寺との宗門訴訟文
二十一、大野村慶長検地
二十二、上新穂村明細帳(寛政十二年)
二十三、青木村明細帳控
二十四、本間黙斎詩碑陰記
二十五、近代の詩歌集(抄)
二十六、各町村一覧表(明治四十四年)
二十七、明治末期新穂町及馬場町並図
年表
年表
   附図
新穂村全図(附山の名称)
ページ先頭へ