佐渡の文化財

河崎村史料編年志:佐渡島中世迄のおいたち 上巻

  • 編集:橘 正隆
  • 発行者:富樫 賢雄
  • 発行所:両津市河崎公民館
  • 発行日:昭和34年11月3日

目次

題簽
序
序文
両津市総務課長 権代 畔児
東京大学 伊東 多三郎
新潟大学 中村 辛一
「河崎村史料編年志上巻」を読んで   直江津高等学校 渡辺 慶一
発刊のことば   両津市河崎公民館長 富樫 賢雄
巻頭言 私という者と、本書の成る迄   編纂責任者 橘 正隆
緒 言 河崎村というところ
第一章 原始時代
  一、縄文式文化時代
  二、弥生式文化時代
  三、古墳文化時代
第二章 国司時代 (年表)
第三章 地頭時代(年表)
中世の佐渡島・そして河崎村。(文献や物証による検討。)

 附録
一、家系及び家乗
  久知地頭 潟上地頭 野中家 檜田継図 梅が沢家 本間筑前家 久知八幡宮祠官小野家
  願誓寺須藤家系図長善寺首藤家系図 三国家 猪股家 桝屋家 角坂家 河崎菊池家、鵜飼家
二、苗字及び紋章
  苗字分布一覧表 苗字解説 紋章
三、宗教及び家名
(上欄数字は西暦紀元。その下は日本年暦。「天・勝」は「天平勝宝」、「天・宝」は「天平宝字」、「神・景」は「神護景雲」の何れも略。南北朝暦は文書に使用の年号をあげた。仁平二年を大治三年の前に組み入れた間違いをお詫びしておく。)

写真及び図版目録
河崎村全図  牛尾杜大般若経
下川茂九社神山  住吉村住吉社古狛犬
晃照寺昔の境内図  所謂「順徳院御影」と御辞世
文永八年長安寺四至制札     永仁三年羽黒山正光寺鐘銘
元応二年大川羽二生等村境証文 慶安及び元禄度宮浦村検地帳
正中二年沙弥円光寄進状  康永二年僧教印寄進状
観応三年長安寺掟書二通  康暦二年久知地頭安堵御教書
河崎村の貴蹟と遺物  元禄度長安寺境内図
東三川内柳沢村慶長検地帳  地頭時代土豪の屋敷図
真輪寺のいう延宝七年御陵図  正嘉二年国包権殿内職補任状
文永十年沙弥最信の下知状  延慶元年本間泰宣の寄進状
元亨三年左馬頭の安堵御教書  偽書天正元年百座秡差出
正中三年沙弥行光譲状  貞和五年源季有年貢結解状
貞治五年国分寺別当職宛状  明徳元年国分寺寄進状
布袴図版、及び現物写真  長安寺仁王像
羽茂郡岩頸村元和検地帳  「吉積殿手作田畠」証文
所謂「御陵の松」の図  文永六年下行札
建治元年長安寺院主職譲状  元応二年うとう七浦大境証文
元亨三年沙弥宝明寄進状  正中元年長安寺院主職譲状
元弘二年日野資朝写経  観応二年長安寺舞楽間定書
応安五年長安寺寄進状  明徳二年備中守義孝書簡
応永十三年長安寺掟書二通  長安寺什宝朝鮮鐘
永享三年両尾・椎泊山境証文  宝徳元年国分寺寄進状
長禄元年椎泊・河崎山公事証文  文明十一年僧明蔵寄進状
久知直泰発願大蔵写経  偽書時泰村境証文
天文三年同上文  弘治二年久知正泰給与証文
永禄六年久知後室給与証文  天正九年久知泰時寄進状
天正十二年景勝勧告状  天正十七年上杉軍奉行の制札
出雲崎町多聞寺の天神像  文禄二年潟上帰本斎給与状
文禄四年剛安寺領水害検知  慶長二年土地売買証文
慶長四年久知河内田地返付証文  慶長五年利済庵分御検知之事
北方村土豪屋敷図  永仁元年若宮殿権代神主補任状
野中家代々法名巻物  応永廿一年道昭?譲状
応永廿九年国分寺寄進状  永享十年妙義尼譲状
宝徳三年蔵人平三への宛状  寛正四年時直大和守口宣案
別当房等の長安寺掟書  久知時泰代替地証文
大蔵写経裏書  天文十二年源貞直佐渡守口宣案
弘治三年同上  天正二年矢馳季暁寄進状
天正十年泉沢小四郎寄進状  天正十三年泉沢小四郎掟書
天正十七年直江兼続の安堵状  文禄元年剛安寺領細谷分苅帳
文禄三年黒金外四名山論口上書  慶長元年牧村小六郎一代給証文
慶長三年椎泊村年貢皆納証  慶長四年須賀氏給与状
金山掘子之図(鉱山古図)  赤泊港より城山を望む
久知本間家系図  紀州家能装束の一部
応永廿六年長安寺大乗経  永享二年河崎・椎泊山境証文
嘉吉二年蔵人平三への宛状  同上重ねての宛状
同上年高直近江守口宣案  長安寺河(阿)弥陀・薬師二像
久知時泰明慶寺宛書簡  天文三年高滋阿仏坊宛下文
羽茂高季舟宿証文  永禄三年同上
天正四年蔵入米高帳表紙  天正十年景勝誓詞送り状
天正十五年藍原白鴎寄進状  天正十七年僧良雅の調書
文禄元年吉井村細谷御検知一紙  文禄三年羽丹生盛継給与状
慶長二年城腰鉈銭村定証文  慶長三年剛安寺年貢皆納証
慶長五年吉井之内御検地帳  東三川城趾及縄張見取図
赤泊城縄張見取図  熊谷家に伝わる中世の馬具
宝生宗家より下賜の面
ページ先頭へ