佐渡の文化財

佐渡 岩首村史

  • 編集:
  • 発行:岩首村公民館
  • 発行日:昭和48年11月30日

目次

序文   両津市長 氏田 良隆
発刊を祝して   両津市議会議長 佐藤 銀蔵
発刊のことば   編集委員長 仲村 孫十郎
村のはじまり
 一 村の立ち始まり
    最初の村  最初の集落  「垣ノ内」という集落  修験の働き
 二 室町時代の農村の姿
    地頭と百姓たち
 三 村の生産力
    「垣ノ内」の農業生産  山野や梅の利用  黄金山のこと
江戸時代の村
 一 はじめに
 二 タバコの村
 三 立嶋の太郎・赤玉の次郎
 四 中世の村と近世の村
    岩首の村  本家と分家  元禄検地
 五 村の生産関係とその変化
    米作の動向  国産の奨励  麻織の歴史  漁業生産  山をめぐる諸問題
    牛の生産  銀山稼ぎと廻船宿
 六 惣左衛門騒動
明治以後の村
 一 あらまし
 二 村の政治
 三 産業
    農業  林業  水産業  石類
 四 教育
 五 文化
 六 交通
 七 人口の増減
 八 災害
    水害  火災
 九 村民性
 一〇 戦役
 一一 住まい
神仏の世界
 一 お宮・お寺・お堂
 二 赤玉文珠院
 三 小浦の薬師堂
 四 岩首道場
 五 めずらしい石動さん
 六 安産の神様
 七 門学上人
岩首の道
姓と屋号
年表
資料
あとがき   佐々木 義栄
ページ先頭へ