佐渡の文化財

真木部落誌

  • 編集:松木永寿
  • 発行:
  • 発行日:昭和58年12月28日

目次

まえがき   市橋 保雄

三分一村 佐渡義民
五人組制度
明治維新後の行政の変遷
学校の変遷
河崎神社の成立
山王権現開基
諏訪大明神縁起
古峯神社
宝珠院開基
宝光寺記録
正源寺
薬師堂
弘法大師堂
助右エ門堂
才右エ門五郎堂
比沙門堂
野中堂
真木部落の構成
真木部落の産業
真木と河崎との分離
真木負債整理組合の発足
共有田の発足
部落作業場
公民館運動
真木保育所の設置
真木消防団の始まり
鬼太鼓の由来
老人クラプ楽生会の発足
植林事業
農道の開鑿
共有山歴史
樋口官林払下事情
真木地内の県道
部薬の電気と電話
圃場整備事業
真木大東亜戦没者英霊
久知護摩由来開書帳

 余録
明治三十年水害記録 河崎上人山の由来
天明後米一俵価額表

 後がき
ページ先頭へ