佐渡の文化財

市誌余話

  • 編集:両津市誌の会幹事会
  • 発行:両津市誌の会
  • 発行日:平成元年11月25日

目次

序   櫻井 惣五郎
一 中世以前
 「賽の河原」談議   櫻井 惣五郎
 粛慎人のこと   岩下 岩太郎
 古風土記の話   伊藤 三四吉
 羽黒山正光寺推鐘   本間 喜一郎
 吉住城余話   仲町 次郎
 潟上地頭私見   後藤 千代松
 真更の久知殿   仲町 次郎
 梅津地頭と秋田藩梅津家   市橋 茂策
 羽黒山大権現総鎮守のこと   本間 喜一郎
 雑賀衆と野浦   仲町 次郎
 北鵜島の「神さん田」   川原 芳太郎
 名鐘流転   仲町 次郎
 大川の中世文書   仲町 次郎
二 天領下の村
 「四季農戒書」の百姓像   櫻井 惣五郎
 大久保長安のこと   櫻井 惣五郎
 川路聖謨の生涯   伊藤 三四吉
 川路奉行の食事   川原 芳太郎
 島根のすさみ「ひなぶりなき出家考」   本間 喜一郎
 「水津」に残る奉行の褒状   櫻井 惣五郎
 最後の佐渡奉行   伊藤 三四吉
 真更川村の年貢   岩下 岩太郎
 南平沢の成りたち   市橋 茂策
 真更川の鴨島   川原 芳太郎
 岩山と御林   市橋 茂策
 赤玉村の御林   仲村 清矩
 白山の検地   市橋 茂策
 焼畑農法と入会い   仲村 清矩
 梅津川の橋   市橋 茂策
 幕末からの夜まわり-大川   中村 聰
 夷、谷地にもいたキリシタン類族   梶井 照雄
 盗人裁判   後藤 千代松
 往来手形之事   仲村 清矩
 江戸無宿物語抄   伊藤 三四吉
 諸国廻船入津留帳余話   本間 喜一郎
 難破船 積荷の始末   櫻井 惣五郎
 天保の津波   中村 聰
 ふさ女の話   後藤 千代松
 まちの刀鍛冶   佐々木 惇
 紅花物語   伊藤 三四吉
 願村沖の黒船   菊池 碩
 幕末の海防「住吉鉄砲場」   中村 聰
 船山車「明神丸」   梶井 照雄
 佐渡の「中四国遍路道中記」   仲村 清矩
三 明治以後
 ドンデンとタタラ峰考   高橋 啓作
 六七祝のこと   仲村 清矩
 歌人 中村春彦   佐々木 惇
 大宰治の「佐渡」より   岩下 岩太郎
 湊えんなむさん   佐々木 惇
 吾潟の学田   後藤 千代松
 偲巽堂   佐々木 惇
 ロシヤ兵の墓   梶井 照雄
 夷、湊町消防組の始まり   梶井 照雄
 「潟上村ほか三ケ村組合」村   後藤 千代松
 両津町愛育会の結成   菊池 碩
 佐渡空港の誕生   濱 昌雄
 明治三十年の大水害   菊池 碩
 加茂湖口の浚渫   濱 昌雄
 海岸侵食の今昔   中村 聰
 大正十五年の「平沢流れ」   高橋 啓作
 道路開発の苦労話二題   濱 昌雄
 明治期の製塩   中村 聰
 弥蔵新田の用水道工事   川原 芳太郎
 両津中学校の建設事情   濱 昌雄
 東中学校の設備事情   濱 昌雄
 両津橋名のこと   梶井 照雄
 海府というところ   岩下 岩太郎
 北部三部落の牧牛   川原 芳太郎
 「しんげえ牛」の話   岩下 岩太郎
 「羽黒山大火」三つの謎   高橋 啓作
あとがき
市誌の会同人名簿
ページ先頭へ