佐渡の文化財

海運資料館・幸丸展示館

海運資料館と幸丸展示館は、それぞれ隣接しています。(海運資料館は2017年11月30日で閉館)

海運資料館 (平成22年度より「考古資料館」が「海運資料館」へ統合)は、海運資料(小木港が繁栄していたころの海運資料をはじめ、沈没しても海水が入らないように精巧に作られた船箪笥や船絵馬など)と考古資料(小木の縄文時代の遺跡・長者ヶ平遺跡(国指定史跡)を中心に出土した土器などの多数の資料)を展示しています。出土した土器は、海を渡って各地の様式が混在しているのが特徴です。

幸丸展示館は、帆を張った和船として昭和36年まで現役で佐渡海峡を往復していた「幸丸(実物)」が展示されています。この船は、寺泊から日常雑貨、小木から竹・木炭・薪を運搬していました。

海運資料館

幸丸展示館

所在地〒952-0604 新潟県佐渡市小木町1941番地1
連絡先佐渡市教育委員会 社会教育課 南教育事務所 小木地区教育係(電話:0259-86-3191)
入館料幸丸展示館は無料。海運資料館は大人200円、小・中学生100円(15名以上の団体の場合は、大人160円、小・中学生80円)
開館時間8時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日年末年始(12月29日〜1月3日)。幸丸展示館は12月〜2月までの土日祝日も休館。
アクセス新潟交通佐渡(路線バス)赤泊線、小木線または宿根木線「小木」停留所から徒歩2分。または、小木港佐渡汽船ターミナルから徒歩6分
パンフレット海運資料館・幸丸展示館パンフレット(PDF・約1.4メガバイト)
ページ先頭へ