佐渡の文化財

赤泊郷土資料館

赤泊郷土資料館は、「島の祭り」と「文化とくらし」をテーマにした郷土資料館です。

一つ目のテーマである「島の祭り」に関しては、赤泊地区や佐渡島内に伝承されてきた情緒あふれる素朴な芸能を紹介しています(子獅子、大獅子、花笠踊り、鬼太鼓、佐渡の祭り及びつぶろさし)。

二つ目のテーマである「文化とくらし」に関しては、赤泊地区の民俗資料を展示しており、生きてゆくための村人の苦闘の歩みを紹介しています(村の職人、赤泊地区の歴史及び港と赤泊)。

そのほかにも「長谷川梅太郎」コーナーもあります。長谷川梅太郎は、「林不忘」「牧逸馬」「谷譲次」と三つのペンネームを持つ赤泊出身の作家です(主な著書に『丹下左膳』等)。

所在地〒952-0711 佐渡市赤泊2458番地
電話0259-87-3141
ファックス0259-87-3142
入館料大人200円、小・中学生100円。15名以上の団体の場合は、大人160円、小・中学生80円。(後掲の「パンフレット」に記載されている入館料は改訂前の金額であり、現在は適用されません。)
開館時間8時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日年末年始(12月29日〜1月3日)
アクセス新潟交通佐渡(路線バス)赤泊線または前浜線「赤泊埠頭前」停留所から徒歩3分。または、赤泊港佐渡汽船ターミナルから徒歩2分
パンフレット赤泊郷土資料館(PDF・約360キロバイト)(パンフレットに記載されている入館料は改訂前の金額です。改訂後の金額につきましては、いまご覧のホームページに記載された「入館料」をご覧ください。)
ページ先頭へ