佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
沢根さわね篭町かごまち善宝寺ぜんぽうじ

指定種別(員数)建造物(1棟)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市沢根篭町
所有者または管理者総鏡寺

漁業が盛んであった明治の初期頃まで、海上の安全と大漁を祈る善宝寺信仰が厚かったことから、佐渡の各地の海岸沿いに善宝寺が祀られている。

沢根篭町の明石近蔵(初代近陽)の作であるこの善宝寺は、基盤2.2メートル四方、高さ1.8メートルの石積みの上に安置され、堂宇は間口・奥行ともに1.2メートル、高さは屋根裏の垂木まで1.85メートルある。屋根は宝形造、瓦葺で二ツ軒垂木、正面唐戸には日天月天が彫られ、左右に鯉の滝昇りが彫られるなど、随所に巧みな細工が施されている。

かつてこの建物には日の入りとともに灯明が灯され、海上の安全が祈られるとともに灯台の役割も果たしていたとされる。

ページ先頭へ