佐渡の文化財

国登録 有形文化財
もり医院いいん

登録種別(員数)建造物(7棟1基)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

7代続く医家の住宅。主屋は桁行25メートル、梁間15メートルの大規模な木造2階建で、茶の間上部を吹き抜けとする特徴的なつくり。病院棟は切妻屋根の外観が特徴的な洋風建築。味噌蔵と納屋は主屋より古く、主屋建築以前の屋敷構えの景観を伝える建築で、家財蔵は正面を漆喰塗仕上、側面を下見板張の外観とする。外便所は正面軒を出桁造とし、門は丁寧な石材加工で表構えを整える。中門は間口2.1メートルの簡素な腕木門である。

国登録 有形文化財
もり医院いいん主屋しゅおく

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

真野新町の森家は、7代続く医家で、屋敷は真野市街地に立地する。

主屋は、道路から入って正面に建っている。桁行25メートル、梁間15メートルの主体部に増築部を付し、木造2階建、切妻造、桟瓦葺である。平入の既存建物の部材を使って明治42年(1909)に建造されたもので、妻入に変更されたが、主要軸部材を良く残し、茶の間上部を吹き抜けとする佐渡民家の特徴をよく留めている。

国登録 有形文化財
もり医院いいん病院棟びょういんとう

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

主屋の北寄りに接続し、前庭に面する。桁行14メートル、梁間9メートル、木造2階建、寄棟造、桟瓦葺で、外壁は柱内を下見板張とし、軒を持送りで支持し、北及び東側屋根面に手摺付の切妻屋根を造り、アクセントとする。緑色を基調とする特徴的な外観を呈した和洋折衷の病院棟である。「森医院新築改築諸書類」から昭和7年(1932)の建築であることが分かっている。

国登録 有形文化財
もり医院いいん味噌蔵みそぐら

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

主屋西側の増築部の南側に接続し、北側を正面とする。桁行3.6メートル、梁間3メートル、土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺で、外壁はモルタル塗及び鉄板張である。主屋や病院棟の建築以前に建てられたもので、納屋と共にかつての屋敷構えの景観を留める。

国登録 有形文化財
もり医院いいん家財蔵かざいぐら

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

主屋南側に建ち、北側を正面とする。桁行6メートル、梁間5メートル、土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺、正面に奥行1間の下屋を設け、外壁は下見板張とし、下屋前面にガラス戸を付ける。正面入口扉と東側面上下階窓は漆喰仕上とし、堅牢かつ上質な景観を呈する。建築年代は明らかでないが、全体の意匠から明治時代後期〜大正時代の建築と考えれる。

国登録 有形文化財
もり医院いいん納屋なや

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

主屋の南側に建つ。桁行12メートル、梁間4.5メートル、木造2階建、切妻造、桟瓦葺で、北面に庇を付け、西面南端に脇門を設ける。納屋として規模が大きく、主屋や病院棟の建築以前に建てられたもので、味噌蔵と共にかつての屋敷構えの景観を留める建物である。

国登録 有形文化財
もり医院いいん外便所そとべんじょ

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

敷地西辺に接して家財蔵と主屋増築部の間に建つ家人用の便所である。桁行2.1メートル、梁間1.5メートルの木造平屋建、切妻造、鉄板葺で、外部は波形鉄板及び横板張である。正面軒を出桁造とし、内部は2室に区切る。裏庭の景観を構成する要素のひとつとなっている。

国登録 有形文化財
もり医院いいん表門おもてもん

登録種別(員数)建造物(1基)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

敷地北東面の前面道路に面して立つ表門である。柱間3.8メートル、高さ2.8メートル、石造。30㎝角の石柱を基壇上に建て、表面を小叩き仕上とし、隅部は磨き仕上、頂部は半球形に成形する。扉はもともと設けていない。広大な敷地の入口を画し、格式ある表構えを示している。

国登録 有形文化財
もり医院いいん中門ちゅうもん

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成18年10月18日
所在地佐渡市真野新町
所有者または管理者個人蔵

主屋東側庭園の際に建ち、間口2.1メートル、木造、腕木門、切妻造、桟瓦葺とする。主屋東側に広がる庭園と敷地南側の生活空間を隔てる境界をなす。間口の比較的大きな門であるが、造作は単純で簡素である。庭園の景観と一体となり、落着きのある空間を形成している。

ページ先頭へ