佐渡の文化財

国登録 有形文化財
松榮家まつばえけ住宅じゅうたく

登録種別(員数)建造物(3棟)
登録年月日平成27年3月26日
所在地佐渡市相川三町目浜町
所有者または管理者個人蔵

明治20年頃まで回船問屋を営んでいた松榮家の住宅は、相川三町目浜町の通りに面し、長大な黒塗りの板塀を立てて表門を開いている。その奥にある主屋は、上質なケヤキをふんだんに使った大規模住宅で、佐渡の町屋の到達点を示し、新蔵とオモ蔵は一体に板張の鞘(さや)で覆われ、相川市街地の景観の中核をなすものである。

国登録 有形文化財
松榮家まつばえけ住宅じゅうたく主屋しゅおく

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成27年3月26日
所在地佐渡市相川三町目浜町
所有者または管理者個人蔵

松榮家は相川下町に所在し、明治頃まで廻船問屋を営んだ家柄で、その主屋は明治44年(1911)の建築で、敷地西寄りに西面して建ち、大きな切妻屋根をみせている。南側の通り土間沿いに座敷を2列並べ、北側に中庭を介して座敷棟を張り出し、東奥に台所棟と仏間棟を連ねている。軸部には上質なケヤキをふんだんに使い、座敷飾も技巧的で優れている。佐渡の町家の到達点を示す大規模住宅である。

国登録 有形文化財
松榮家まつばえけ住宅じゅうたく新蔵しんくら

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成27年3月26日
所在地佐渡市相川三町目浜町
所有者または管理者個人蔵

主屋の後方南側に建つ。明治44年(1911)建築の土蔵造2階建の蔵である。北側に並ぶオモ蔵と一体に板張の鞘で覆い、鞘の南寄りは裏通りへの通路となる。土蔵の外壁は中塗、扉枠は漆喰仕上とし、小屋は垂木小屋である。西面1階戸口に掛子塗戸と土戸、板戸、格子をたて、堅牢な構えの土蔵である。

国登録 有形文化財
松榮家まつばえけ住宅じゅうたくオモくら

登録種別(員数)建造物(1棟)
登録年月日平成27年3月26日
所在地佐渡市相川三町目浜町
所有者または管理者個人蔵

主屋後方の北側に建つ2階建の土蔵で、南側に並ぶ新蔵と一体に鞘で覆われている。新蔵同様に明治44年(1911)頃の建築である。このオモ土蔵は新蔵と同規模であるが、戸口を南面に開き、西面の上下階に窓を穿つ点が異なる。土蔵の外壁は中塗、扉枠は漆喰仕上とし、要所を黒漆喰で引き締める。

ページ先頭へ