佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
紙本しほん金地きんじ著色ちゃくしょく洛中洛外図らくちゅうらくがいず六曲ろっきょく屏風びょうぶ

指定種別(員数)絵画(1双)
指定年月日平成5年3月30日
所在地佐渡市両津湊
所有者または管理者妙法寺

金地に金雲を併せ用い、その間に京都の洛中・洛外で繰り広げられる祭礼、遊楽、生業などの様子を描いた極彩色の六曲屏風である。雲形をはじめ、五弁桜花や亀甲のなかに四弁の花といった類の文様を、置上文として施す豪華で華やかな金雲に、工芸意匠的な趣向が強く示されている。

この屏風は、両津夷の廻船問屋本間儀左衛門が京都で買い求め、菩提寺の妙法寺に寄贈したものと伝えられ、図中の諸風物や構図、技法などから、制作年代は江戸時代前期、狩野派とは別の大和絵系に属する作品とみられている。

ページ先頭へ