佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
熊野くまの神社じんじゃ観心十界かんじんじゅっかい曼荼羅まんだら熊野くまの参詣さんぱい曼荼羅まんだら

熊野観心十界曼荼羅

熊野参詣曼荼羅

指定種別(員数)絵画(2幅)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市八幡
所有者または管理者個人蔵、佐渡博物館管理

かつて相川に住んでいた本山派修験の熊野山伏伊勢常学院が所持していた2点の曼荼羅絵である。制作年代はいずれも安土桃山時代と推定されている。

この内、「熊野神社観心十界曼荼羅」は人間が誕生し死に至るまでの、人生様々の姿態が描かれた絵である。この絵は、織田信長の二女松君姫として伝わる清音比丘尼が天正17年(1589)に佐渡へ持ち渡ったと伝わっており、仏法の道を説く際にこの絵を用いてやさしく説明したため、「比丘尼の図」ともいわれている。

また、「熊野参詣曼荼羅」は霊場として名高い和歌山県の熊野那智大社と参詣する人々の様子が描かれた絵である。この絵は天正17年(1589)に熊野山伏光明院快長権律師が全国法加順国の際に佐渡へ持ち渡ったと伝わっている。

ページ先頭へ