佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
能面のうめんおきな白色尉はくしょくじょう能面のうめんおきな黒色尉こくしょくじょう

白色尉

黒色尉

指定種別(員数)彫刻(2面)
指定年月日昭和56年3月27日
所在地佐渡市新穂潟上
所有者または管理者牛尾神社

牛尾神社は、「国仲四所の御能場」の1つで、古くから2面の能面翁が宝物として伝えられている。いずれも室町期の作とみられ、能面完成期の優れた作品である。木彫胡粉彩色、老相、棉毛眉があり、額や頬、口辺に皺をたたみ、口髭と顎鬚を表した切り顎で、裏面は平滑に仕上げてある。

このうち、翁面といわれる白色尉は、上歯2本、下歯1本があり、豊かで膨らみのある輪郭と肉付けをもって、まなじりを下げて笑っている。一方、三番叟に使われる黒色尉は、上歯6本、下歯5本があり、顎が張り、下顎が長く尖り、鼻孔をふくらませ、口を大きく開いて笑っている。

二面が牛尾神社に伝来した経緯については諸説あるが、別名「春日の面」といい、かつては雨乞いにも用いられていたという。

ページ先頭へ