佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
木造もくぞう阿閦あしゅく如来にょらい坐像ざぞう木造もくぞう宝生ほうしょう如来にょらい坐像ざぞう木造もくぞう阿弥陀あみだ如来にょらい坐像ざぞう木造もくぞう不空ふく成就じょうじゅ如来にょらい坐像ざぞう五智ごち如来像にょらいぞうのうち)

阿問如来坐像

宝生如来像

阿弥陀如来坐像

不空成就如来坐像

指定種別(員数)彫刻(4躯)
指定年月日平成3年3月29日
所在地佐渡市小比叡
所有者または管理者蓮華峰寺

小木地区小比叡の蓮華峰寺が八祖堂に安置する五智如来像5体からなるものであるが、指定は近世初期の作と思われる大日如来像坐像を除いた4体である。

これらの仏像はいずれもカヤと思われる木材を用いた前後割矧造、漆箔の手法で造られたもので、像高はほぼ等しいが、3体が彫眼であるのに対し、「宝生如来像」だけは玉眼が嵌めこまれている。また、「阿弥陀如来像」の体部正面内刳面には「建治二年(1276)歳次丙子八月十六日大檀那金□佛子策□ 大併師尾張公是心 阿闍梨賓積 敬白」の墨書銘があり、造立時期と大檀那、大佛師らの名が確認できる。

指定の仏像は全国的にも遺品の乏しい五智如来像の遺例として、また新潟県下では数少ない鎌倉時代在銘像の1つとして貴重である。

ページ先頭へ